au

auで子供にスマホを持たせるなら補償は必要?故障紛失サポートはいらないか詳しく解説

投稿日:

子どもにスマホを持たせる場合に心配なのが、スマホの故障や破損、紛失や盗難ですよね。

スマホを誤って落として画面が割れてしまった、壊してしまった、失くしてしまったなど、子どもにスマホを持たせると思わぬトラブルで修理代が高額になってしまうこともあります。

子持ちママ
親である私もよくスマホは落として修理します。笑

auでは故障紛失サポートという有料の補償サポートがありますので、そういった場合には会員価格でサポートを利用することができます。

しかし、月額630円の有料のサポートサービスのため、毎月の維持費のことを考えると「できるだけスマホの料金は安く抑えたい、故障紛失サポートはいらない」と考えている家庭もあるのではないでしょうか。

故障紛失サポートは本当にいらないのか、サポート内容について詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

au故障紛失サポートとは?

auで購入したスマホやタブレットが万が一、故障した場合や破損、盗難、紛失などの際に、サポートを受けることができる有料会員サービスです。

操作中誤ってスマホを落としてしまったり、失くしてしまったり、突然電源が入らなくなる故障が発生したりなど、様々なトラブルが発生してもこの故障紛失サポートに加入していれば補償サービスを利用して格安でスマホを交換したり、修理をしたりすることができます。

故障紛失サポートの月額料金

スマホ

タブレット

630円
スマホ(3G)

ケータイ

データ通信端末

フォトストレージ端末

据え置き型ルータ

380円
Galaxy Fold1,190円

故障紛失サポートの月額料金は、現在販売されている4GLTE対応のandroidスマホ・タブレットは月額630円です。

それ以外の3G対応のスマホやケータイ、データ通信端末などは月額380円の月額料金となり、ディスプレイが二つに畳めるスマホGalaxy Foldは月額1,190円の月額料金となります。

注意

iPhone、iPadは故障紛失サポートに加入することができません。

故障紛失サポートはandroidスマホやタブレット、その他auが提供する端末がサポート対象となっているので、iPhoneやiPadでサポートを利用したい場合には「故障紛失サポートwith AppleCare Services & iCloudストレージ」に加入する必要があります。

今回紹介する故障紛失サポートは、androidスマホを購入した場合のサポート内容ですので、故障紛失サポートwith AppleCare Services & iCloudストレージとはサポート内容が異なりますので、注意してくださいね。

故障紛失サポートの補償内容

・交換用電話機お届けサービス
・お預かりサービス
・データ復旧サポート

故障紛失サポートで受けることができるサービスは3つあります。

それぞれのサポート内容や負担額などについて詳しく解説していきましょう。

交換用電話機お届けサービス

交換用電話機お届けサービスは、スマホが故障、部分破損、全損、水濡れ、盗難、紛失などのトラブルに合った場合に利用することができるサービスで、「同一機種・同一色」の新品同等のリフレッシュ品のスマホに会員価格で交換してくれます。

原則同一機種・同一色のスマホに交換することになっていますので、別のスマホや別のカラーにしたいなどの希望は受け付けてもらえません。

交換するスマホは、自宅や指定した場所に交換機を届けてくれるので、忙しい時や旅行先でのトラブルの時でもイチイチauショップまで行く必要がありませんので、便利で簡単に申込むことができます。

ウェブからの申込みなら24時間受付していますので、いつでもすぐに代わりのスマホを手配することできますよ。

交換用電話機お届けサービスは1年間に2回まで利用することが可能で、負担金は1回目の場合と2回目の場合で料金が異なります。

1回目

auの契約が25か月以上の場合

1回目

auの契約が25か月未満の場合

2回目

auの契約が25か月以上の場合

2回目

auの契約が25か月未満の場合

交換用電話機お届けサービス負担金3,000円5,000円6,000円8,000円
代用機不要+ウェブ割引適用の場合2,000円4,000円5,000円7,000円

交換用電話機お届けサービスの負担金は、auでの契約期間が25か月以上かそうでないかでも料金が変わりますし、2回目は1回目よりも負担金が大きくなります。

auのウェブサイトから交換用電話機お届けサービスの申込みをした場合には、ウェブ割引で500円が割引きされ、代用機不要での申込みとなるのでさらに500円が割引きとなり、本来の負担金よりも1,000円安く利用することができます。

スマホが利用できない状態でも、パソコンや知り合いのスマホからauIDを利用すれば申込みすることができますので、負担金をできるだけ安く抑えたいという場合には、できるだけウェブサイトから申込みするようにしましょう。

3時間特急便&当日配送

交換用電話機お届けサービスで3時間特急便&当日配送を利用すると、9時~17時までの申込みで、別途3,000円の利用料金がかかりますが、東京23区・大阪全域からの申込みなら注文から3時間以内に配達をしてもらうことができます。

また、関東・関西・中部地域の人が昼12時までに申込みの場合は当日中に配達してくれますので、スマホが利用できない時間をできるだけ短くすることが可能です。

その他の地域についても、原則翌日にはスマホを届けてくれますので日本全国どこにいても安心してサポートを利用することができますよ。

コンビニや宅配受取ロッカーで受け取り

ウェブから申込みする場合には、コンビニ受け取りを指定することもできます。

最短翌日に自身が指定したコンビニにスマホを届けてくれます。

仕事や外出が多くてなかなか宅配便を受け取れないという人でも、近所や自分がよく利用するコンビニを指定しておけば24時間気軽にいつでもスマホを受け取ることができますよね。

宅配受取ロッカーで受け取りを指定することも可能です。

こちらもコンビニ受け取りと同じく、ウェブからの申込みで、最短翌日に指定ロッカーに届けてくれますよ。

液晶保護フィルムを貼り付けて届けてくれる

交換用電話機お届けサービスを利用した場合、交換機のスマホには液晶保護フィルムをキレイに貼り付けて届けてくれます。

交換機が届いたらすぐに利用することができて、画面が傷つくのを防いでくれますので、小さなことですが、ありがたいサービスですよね。

画面が傷つくのを恐れて保護フィルムを購入するまでスマホを利用できないという人も多いですから、始めから保護フィルムを貼り付けていてくれるのは助かります。

お預かり修理サービス

故障紛失サポートは、スマホの調子が悪くて故障が考えられる場合には、お預かり修理サービスを利用することもできます。

auショップや修理サービス受付店にスマホを持って行くと、メーカーでの修理対応を受けることができます。

修理預かり中はスマホの代用機を貸し出してくれるので、預かり期間中もいつも通りスマホを利用することが可能ですよ。

3年保証サービス

購入してから3年以内に保証対象内の故障だった場合には、無償での対応となるため無償で修理を行ってくれます。

保証期間は通常なら購入から1年ですが、故障紛失サポートに加入した場合は保証期間が3年に延長されます。

故障内容が保証内なのか保証外なのかは、メーカーの修理拠点で判断されます。

有償の場合には連絡をもらいたいなど、auショップで対応を相談しておけば、有償になる場合には事前に連絡をしてもらうことができます。

水濡れ・全損時リニューアルサービス

預かり修理サービスを利用してメーカーでスマホを見てもらった時に、水濡れの反応や基盤の損傷による全損という判断になった場合には、10,000円の負担金でスマホを全面リニューアルします。

外装やバッテリーなどもすべて新品のものと交換するため、新品同等の状態にすることができます。

修理代金割引サービス

水濡れ・全損以外の保証対象外の故障の場合には、修理代金の負担は最大5,000円までにすることができます。

画面割れやケースのヒビなど、スマホを利用していると故障の頻度が高いトラブルも何度利用しても5,000円までで修理してくれるので万が一の時も負担金が少なく済むので安心です。

データ復旧サポート

スマホが水濡れ・破損した時に、データの取り出しをすることができます。

スマホ本体にしか保存していなかった大事な写真データやアドレス帳など、どうしてもデータを復旧させたい場合に利用することができます。

1年に1回利用することができて、成功した場合には5,000円の利用料金がかかりますが、大切なデータの復旧を試してみることができるので、スマホに電源が入らなくても諦めずに試してみる価値があるサポートです。

auスマートプレミアムに加入している場合には、利用料金5,000円が無料で利用することができますよ。

負担金や修理代金はポイントを充当することができる

交換用電話機お届けサービス利用時の負担金や、水濡れ・全損時のリニューアル代金、有償修理代金などはauポイントやWALLETポイントを使うことができます。

1ポイント1円として利用することができるので、ポイントが貯まっていれば修理代金や負担金を安く抑えることができますね。

【注意】au故障紛失サポートに加入できるのスマホ購入時のみ

故障紛失サポートに加入することができるのは、スマホを新しく購入するときに同時申込みする時だけです。

購入時に不要だからということで故障紛失サポートに加入しなかった場合には、もう購入したスマホではサポートを受けることができません。

そのため、故障紛失サポートは不要だと思っていても、万が一の時のためにとりあえず加入することをおすすめします。

退会はいつでもできますので、しばらく加入しておいてやっぱり不要だと思った時に廃止しても遅くないのではないでしょうか?

ただし、退会した場合も再加入はできませんので注意が必要です。

au故障紛失サポートに加入するべき人

・スマホを落としたり、ぶつけたりする人

・濡れた手で触ったり、屋外で利用することが多い人

・忘れ物が多い人

以上のような人は故障紛失サポートに加入しておくべき人です。

スマホをよく手から滑らせて落としてしまったり、ぶつけたりする人はスマホを壊してしまう可能性が高いです。

スマホは精密機械ですので、ちょっとした衝撃だけでも故障の原因になることがありますし、画面が割れてしまうこともあります。

スマホの故障で最も多いのが画面割れですので、頻繁に落としたりぶつけたりするような場合には、加入しておくことをおすすめします。

また、濡れた手でスマホを触ったりすることが多い人や屋外でスマホを触る機会が多い人もサポートに加入しておくべきです。

最近のスマホのほとんどは防水・防塵対応ではありますが、100パーセント大丈夫ということはありません。

もしもスマホをぶつけて傷がついていた場合には、そこから内部に水が浸入することもありますし、真水での防水対応であって海水や石鹸などは耐水性能に含まれていないこともあります。

また、温暖差でスマホ内部に結露が生じる場合もありますので、何もしていなくても水濡れの反応が出てしまうという場合も考えられます。

忘れ物が多い人も要注意です。

スマホの置き忘れで、誰かに持って行かれてしまう可能性も十分考えられます。

人気のあるスマホは中古でも買い取り価格が高額なため、盗んで売りに出されてしまう被害も多発しています。

単純にスマホを紛失してしまうことも考えられますので、忘れ物をよくするという人は故障紛失サポートに加入しておくべきです。

子供にスマホを持たせるならau故障紛失サポートは必須

auの故障紛失サポートについて詳しく解説してきました。

故障紛失サポートに加入していれば、スマホの故障・破損・水濡れ・紛失・盗難などあらゆるトラブルに対応することができます。

スマホはちょっとした衝撃で画面が割れてしまったり、本体にヒビが入ってしまうことがありますので、取扱には注意が必要です。

子どもにスマホを持たせる場合は、スマホを乱暴に扱うことも考えられますので、故障紛失サポートには加入しておくことをおすすめします。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 こちらの記事に詳しくまとめてますので一緒に参考にしてくださいね。 →キッズ携帯のおすすめ 同じキャリア同士でのキッズ携 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-au

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.