キッズ携帯の基礎知識

キッズ携帯はどこで買うべき?ショップと家電量販店の違いを解説!

投稿日:

キッズ携帯やスマホを購入するとき、皆さんはどこで購入していますか?

各キャリアのショップ、家電量販店という人がほとんどですよね。

今は携帯の販売方法も変わり、端末代金は分割で購入する人が多くなったのでどこで携帯を購入しても同じと思っている人も多いと思います。

しかし、キャリアショップと家電量販店では、購入する機種によって販売価格に違いがある場合もあります。

キッズ携帯も同じで、キッズ携帯を購入する人の大半は新規契約になりますが、新規契約の場合はショップと家電量販店では価格が全く違う場合が多いのです。

ショップと家電量販店では、どちらが安く購入できるのか、アフターサービスが充実しているのか、手続きが早いのかなど違いがあります。

今回は、ショップと家電量販店の違いについて詳しく解説していきます。

キッズ携帯はどこで買うべきなのかも詳しく解説していきますので、キッズ携帯を購入予定の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

キャリアショップと家電量販店の違い

ショップと家電量販店はどちらも代理店が運営しています。

各キャリア直営のショップはほとんどありません。

どちらも各キャリアから支払われるインセンティブが収益となり、その収益で運営しています。

例えば、ショップは携帯端末の販売から修理受付、料金の支払い、料金プランの変更など携帯に関わるあらゆることに関して手続きをすることができ、その手続きに応じてインセンティブが支払われています。

同じように、家電量販店でもインセンティブが支払われています。

ショップと家電量販店の大きな違いは、このインセンティブに違いがあります。

お店側の利益確保のため価格が異なる

家電量販店では料金プランを変更したり料金を支払うことはできませんよね。

家電量販店は携帯を販売することに重点をおいているため、インセンティブは新規契約または機種変更をした分にしか支払ってもらえません。

そのため家電量販店では携帯をとにかく売らなくては収益に繋がらないのです。

その点ショップは、携帯を売らなくても料金を支払ったり、プランを変えたり、修理を受け付けてもインセンティブが支払われるので、携帯を売らなくても収益があります

ショップでできること家電量販店でできること
新規契約新規契約
機種変更機種変更
修理受付
料金プランの変更
料金の支払い
インターネット契約
名義変更
解約手続き

そのため、家電量販店では携帯本体を安くしてでも多く販売することで収益を上げる必要があり、ショップは機種を売るだけでなく、ついでに料金プランを変更したりインターネットの契約を勧めたりして収益を上げる必要があります。

ここの違いにより、ショップと家電量販店では端末の代金が違う場合があったり、独自のキャンペーンをやっていたり、アフターサービスがあったりなかったりの違いが出てくるのです。

では、キッズ携帯をショップと家電量販店のそれぞれで購入する場合のメリットとデメリットについても解説していきましょう。

キッズ携帯をキャリアショップで買うとしたら?

ショップのメリットショップのデメリット
キッズ携帯についてなんでも教えてくれる端末価格の割引きがなく、独自キャンペーンなどがない
機種を購入した後もわからないことがあれば教えてくれる混んでいて待ち時間が長い
キッズ携帯にトラブルがあったら修理などを受付てくれる他の商品やサービスについて営業される

ショップのメリットは丁寧な説明とアフターサービスが充実していることです。

キャリアの看板を背負っているのですから、スタッフはキッズ携帯についてしっかり説明する義務があります

ですが、その分接客に時間がかかり、常に混雑していて待ち時間が非常に長くなることがあり、さらには端末についてもキャリアが行っているキャンペーン以外の独自キャンペーンをすることもほとんどありません。

それぞれのメリットとデメリットについて詳しく説明していきますね。

【キャリアショップのメリット】対面対応ができアフターサービスがある

ポイント

・キッズ携帯について全く分からなくてもすべて説明してくれる

・何かトラブルがあったりわからないことがあってもいつでも教えてくれる

・修理受付などのアフターサービス

では、ショップのメリットについてですが、ショップでキッズ携帯を購入する場合はとにかくキッズ携帯について詳しく解説してくれることが一番のメリットになります。

キッズ携帯というのは、普通のスマホや携帯とは少し機能に違いがあります

電話帳については登録件数が制限されていたり、文字入力が違うこともあったり、親のスマホと連携させることで居場所を調べたり、防犯ブザーを鳴らした場合の連絡先を登録したりだとか、とにかく細かい設定がたくさんあります。

どのようなサービスがあるのか、どうやって設定するのかということに関して全く知識がない状態で普通の人がキッズ携帯を購入しようとすると、理解するまでに時間が相当かかります。

そういったサービスや設定などについてわかりやすく、すべて解説してくれるのがショップです。

それに購入後に、操作方法がよくわからなくなったり、何か携帯に不具合が生じたときなどはショップに来店することになります。

ショップで操作方法から手続き、修理の受付まですべて一か所で行うことができるので、面倒くさくないというのもメリットですよね。

定期的にショップに行くようになるとお店のスタッフと仲良くなることもあり、その人に合った情報や使い方などを教えてくれるようになるので、よりキッズ携帯を使いやすくなります。

【キャリアショップのデメリット】頭金がかかるし待ち時間が長い

注意ポイント

・頭金などの設定があり、端末の価格が高く、独自キャンペーンがない

・混んでいて待ち時間がある

・ほかの商品などの営業がある

ショップのメリットは丁寧な接客とアフターサービスが充実していることでしたが、デメリットももちろんあります。

それが、端末の価格などについてです。

ショップはキッズ携帯を1台販売したからと言ってもインセンティブはそんなに入りません。

そのため、独自のキャンペーンを行ってもインセンティブで割引きした分を補うことが難しいということがあり、なかなか機種を割引きすることができません。

いくら新規契約となっても本体価格を安くすることはできず、各キャリアが販売している正規の価格での販売になることがほとんどです。

そして、丁寧な接客で、使い方がわからない人には理解するまで説明を続けなければいけないですし、機種変更にいたっては、機種の説明から料金の説明、料金プランの説明、初期設定、使い方の解説などを行う必要があり、全部含めると60分以上かかってしまうことがほとんどです。

そうなるとお店が混雑するのは当然のことで、待ち時間が長くなっていってしまいます。

土日ともなれば混雑はさらにひどくなり、ひどいときには半日かけて機種変更することになってしまいます。

そして、インセンティブの関係で機種を1台売っても大した売り上げにはならないために、他の商品を勧めたり、インターネット契約などを勧めたりされるようになります。

平気で断れる人ならなんとも思いませんが、日本人はとにかく勧誘に弱く、断りづらいという人が多いので、断り切れずに商品を購入したりしてしまうこともあります。

家電量販店でキッズ携帯を買うとしたら?

家電量販店のメリット家電量販店のデメリット
独自キャンペーンで機種代金が安い機種について知識がない
手続の時間が短い売るだけでアフターサービスがない
在庫が豊富初期設定をしてくれない

家電量販店にもメリットとデメリットがあります。

家電量販店はとにかく携帯を売ることでインセンティブが入るので、機種代金を多少下げてでも販売台数を上げる必要があるので、機種代金はショップよりも安いことが多いのです。

そして、スタッフの数も多く在籍しているので、機種変更までの待ち時間も少なく、説明も必要なことだけなので手続の時間も短いです。

ですが、説明が不十分な場合が多く、購入してからトラブルになったりすることもあり、さらにトラブルになっても対処できずショップにまわされてしまうことになったりしてしまうことがあります。

【家電量販店のメリット】独自キャンペーンが多く在庫も豊富

ポイント

・独自キャンペーンで機種代金が安い

・売るだけなので手続きの時間がショップよりも短い

・在庫が豊富

上の項目で解説したように、家電量販店はとにかく機種代金が安くなるように独自キャンペーンを行っていることが多いです。

特に土日などは、キッズ携帯は新規契約0円などを行っていることがあります。

0円でなくても、代わりに商品券を貰えたり、複数台をいっぺんに買い替えれば割引きなどさまざまなキャンペーンがあります。

それだけたくさんの契約を常に行っているので、契約までの説明は簡易的で、聞かれたことだけを説明したり、必要な説明はプリントアウトされた文章を読んでサインを書いてもらうだけにしていたりと手続き時間の短縮を行っています

そして、ショップよりも在庫が豊富であることが多いのもメリットです。

人気機種などはショップでは入荷待ちになってしまっていても、家電量販店なら在庫がたくさんあったりします。

キッズ携帯の場合は人気カラーがすぐに完売してしまうことがありますが、家電量販店では比較的すべてのカラーの在庫があることが多くなっています。

【家電量販店のデメリット】スタッフの知識不足やアフターサービスはない

注意ポイント

・キッズ携帯についてまったくわかっていないスタッフがいる

・修理や使い方などアフターサービスはやってくれない

・売るだけなので初期設定などもやってくれない

家電量販店では面倒なことはなく、ささっと機種変更することができるのが利点ですが、家電量販店のデメリットについてはキッズ携帯の場合はよく考えておかなくてはなりません。

家電量販店のスタッフはとにかく携帯をたくさん売ることが必要になっているため、機種についての知識があまりないスタッフも中には存在します。

販売能力が高いのですが、機種についての機能や注意点などについては浅い知識しかなく、特にキッズ携帯などの特殊な機種の場合はほとんどわかっていない場合もあります。

そういったスタッフだった場合は、キッズ携帯についての使い方を教えてくれることもないですし、初期設定も自分で行うように言われてしまいます。

わからないことがあったらショップに行くように案内されるだけで、アフターサービスは一切受け付けてくれません

結局キッズ携帯の使い方がわからず、購入後にショップに行くことになってしまい、2度手間になってしまうということが結構な頻度であります。

キッズ携帯は小さい子どもが使うものなので、使い方はしっかり覚えておきたい親としては大きなデメリットとなりますよね。

どこでキッズ携帯を新規購入するのが損しないか?

キャリアショップ、家電量販店でキッズ携帯を購入する場合のメリットやデメリットを見てきました。

それぞれにいいところ、悪いところがあるので一概に「ここで買いましょう」とは言いにくいです。

キッズ携帯を購入する私たち側がどの部分を重要視するのか?でどこで買うのがベストなのかイメージしやすくなってくるでしょう。

キッズ携帯について詳しくない人はショップがおすすめ

では、キッズ携帯はどこで買うのがおすすめなのか?

ということですが、購入する側がどの部分を1番重要視するかによってショップか家電量販店かわかれることになります。

まず、ショップがおすすめな人は以下のような人です。

・キッズ携帯について詳しく教えてほしい

・アフターサービスがしっかりしているところがいい

こういった点が重要な人はショップで購入するべきです。

今まで解説してきたように、ショップはキッズ携帯について詳しく解説してくれます。

初期設定がよくわからなければスタッフが代わりにやってくれますし、修理についてもその場で受付けてくれます。

端末の値段よりも購入した後、子どもが安心して使えるようにしたいという場合はショップでキッズ携帯を購入しましょう。

とにかく機種代金を安くしたいなら家電量販店

家電量販店をおすすめしたいのは以下のような人です。

・とにかく機種代金を安く購入したい

・キッズ携帯など携帯電話についての知識が豊富

このような人なら家電量販店での購入がおすすめです。

機種代金はショップよりも家電量販店の方が安いですし、面倒な説明などはありませんので、手続き時間も短縮することができます。

キッズ携帯の初期設定や毎月の利用料金などは、自分で把握していて、自分で対処できるという人は後からトラブルになることはあまりありませんので、家電量販店で購入しても問題ないのではないでしょうか。

ドコモならドコモオンラインショップ

ドコモユーザーであれば、基本的にはドコモキッズケータイを購入することになると思います。

ドコモキッズケータイの新規契約を考えている人は、ドコモオンラインショップで購入するのも一つの方法になります。

ショップや家電量販店とは違い、ネット完結なので対面での説明こそはありませんがチャットで全て解決します。

頭金、事務手数料は0円で契約できるし待ち時間もなく24時間いつでも好きなタイミングでキッズ携帯の新規契約が可能です。

【ドコモキッズケータイ】新規契約をオンラインショップですると1万円もお得!?

オンラインショップでキッズ携帯の手続きが可能なのが、ドコモのみ。

注意

au、ソフトバンクではキッズ携帯をオンラインショップでは契約購入できません。

ドコモならではの特権であるので、おすすめですよ。

【結論】キッズ携帯をどこで買うべきかはご家庭によって違う!

キッズ携帯を購入するのに、ショップと家電量販店の違いについて解説してきましたが、いかがでしたか?

結局のところ、解説してきたように購入する人がどのような部分を重要視しているかによってどこで買うべきかが変わってきます。

ポイント

・ショップならキッズ携帯について使い方や機能などわかりやすく解説してくれる

・修理などのアフターサービスもすべてショップ1か所で行うことができる

・家電量販店はショップよりも独自キャンペーンでお得にキッズ携帯を購入できる

・在庫が豊富でいつでも気軽に機種を購入しに予約なしで行ける

このように、それぞれにメリットがあるので、キッズ携帯の機種代金を安くしたいのか、使い方などの解説が丁寧な方がいいのか、人によって変わります。

この記事を参考に、どちらのショップの方が自分に合っているのか検討してみてからキッズ携帯の購入する場所を決めるようにしましょう。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 同じキャリア同士でのキッズ携帯を契約し利用すること自体はとくに大きな問題にはならないでしょう。 しかし、基本的には2年 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-キッズ携帯の基礎知識

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.