キッズ携帯の基礎知識

【どっち?】キッズ携帯とキッズスマホの違いを子持ちママが解説!

投稿日:2019年7月2日 更新日:

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。

確かに分かりにくいところもあるかもしれません。

同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。

キッズ携帯とキッズスマホは違います

なので、ごっちゃにしてしまうとお子さんにどの端末を持たせるべきなのか?と悩んでしまう可能性がでてきます。

注意ポイント

キッズ携帯とキッズスマホでは、機能が違うためできることはもちろん本体端末代金も違いますので月々の料金も異なってきます。

聞けば「な~んだ、そんなこと」と簡単なことですのでこの記事で、キッズ携帯とキッズスマホを同じだと思っていた人は違いを明確にしておきましょう。

では、キッズ携帯とキッズスマホのそれぞれの違いをお伝えしていきますので参考にして下さい。

【比較】キッズ携帯とキッズスマホ違い

分かりやすいように、キッズ携帯とキッズスマホの違いを一覧表にしてまとめてみました↓

キッズ携帯キッズスマホ
防犯機能
電話〇(登録数制限あり)
メール〇(SMSのみ)
ネット接続×

上記の表から分かるように、キッズ携帯とキッズスマホではできることに違いがあります。

キッズ携帯には、ある程度の制限がかかっているイメージをもつといいかもしれません。

ポイント

世間一般的には、小学生の期間中は「キッズ携帯」を持たせ中学生以上になると「キッズスマホ」に変更させるという考えをもつご家庭が多いですね。

では、機能面やできること、各料金面での違いを詳しく見ていきましょう。

機能・できることの違い

キッズ携帯は、本当に最低限のことしかできません。

そのため対象年齢が小学生の小さなお子さんであり、キッズ携帯を持たせる理由が防犯対策であるご家庭は多いです。

主に、GPSを使った位置情報の取得や防犯ブザーなどの機能が使えることがキッズ携帯の価値であると言えるでしょう。

電話、メールもできますが登録数も決まっていますし必要以上の人とは連絡ができないようになっています。

ネットに接続できないので、もちろんラインだって使えません。

さらに詳しく

反対に、キッズスマホはそうではありません。

特に私たち親世代が所持しているスマホを大きな違いがなく、普通のスマホとして使えてしまう特徴があります。

一般のスマホに防犯機能を付け加えたものが、キッズスマホだとイメージしておけば大きく違わないですね

また、キッズ携帯とは違いネット通信ができてしまいます。

子供でも安全に閲覧ができるように「使用制限」「利用制限」のフィルタリング機能が搭載されているのもキッズスマホの特徴だと言えるでしょう。

キッズ携帯とキッズスマホでこれだけできることに違いがあるわけですから、料金面でも差がでてくるのは当然です。

月額料金・維持費の違い

キッズ携帯よりもキッズスマホのほうができることも多く、契約できるプランも異なるため月々の維持費が高くなります

高いというよりも、子供に持たせるキッズスマホとはいえ毎月に必要になる月額料金は大人のそれと大きく違いはありません。

しかし、キッズ携帯はそうではありません。

ドコモ、au、ソフトバンク各キャリアでキッズ携帯専用プランが設けられていて基本料金が500円で利用が可能です。
(2年契約の場合)

できることが少ないこともあり、キッズスマホと比べキッズ携帯は月々の維持費が安く抑えられるのは見逃せない大きなポイントになってくるでしょう。

キッズ携帯もキッズスマホも端末の種類は少ない!

キッズ携帯とキッズスマホはいずれにせよ選べるほど端末の種類は存在しません。

また、キッズ携帯に関してはドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアからしか発売されていません。

2019年10月現在は以下のキッズ携帯の機種が発売されています。

キャリアキッズ携帯
ドコモドコモキッズケータイf-03
ドコモキッズケータイSH-03M
auマモリーノ4
マモリーノ5
ソフトバンクみまもりケータイ4
キッズフォン
キッズフォン2

ドコモとソフトバンクは2019年秋冬モデルで新機種が登場して、選択肢が増えたとはうれしいですね。

まぁ種類が豊富であったとしても、できることは大体一緒ですからね。

子持ちママ
タッチパネルに対応してるのか?そうでないか?くらいでしょうか。

同じように、キッズスマホやジュニアスマホと呼ばれる端末も非常に少ないです。

キッズスマホに関しては各キャリアで取り扱っているのも、auのみなんです。

キャリアキッズスマホ
auミライエフォルテ
TSUTAYAトーンモバイル

auユーザーであれば、子供向けのキッズスマホに機種変更をすることが可能です。

しかし、ドコモやソフトバンクではTSUTAYAが提供をしているキッズスマホであるトーンモバイルか、キャリアの一般のスマホを契約する必要がでてきます。

ポイント

トーンモバイルはいわゆる格安SIMにあたるのですが、子供向けに制限をかけれたりGPSで位置情報を確認できるみまもり機能が搭載されています。

ドコモ、au、ソフトバンクのキャリア以外で唯一、子供に持たせることができるキッズスマホなんです。

もし、au以外のキャリアで子供にスマホを持たせたい場合は、一般のスマホをキッズスマホへと自分たちでカスタマイズをする必要性があるんですね。

一般スマホ→フィルタリング機能を活用

キッズスマホとキッズ携帯での違いはなんといっても、ネット接続ができること。

なのでサイトの閲覧やYouTube動画だって見放題です。

親が監視できるのには限界がありますので、目を離してる間にスマホで何か変なことはしていないか?と心配になる人もいるでしょう。

各キャリアではフィルタリング機能のサービスを提供しています。

参考

・ドコモフィルタリングサービスの詳細はこちら
・auフィルタリングサービスの詳細はこちら
・ソフトバンクフィルタリングサービスの詳細はこちら

ネットに接続できる時間の制限だったり利用制限まで親側で操作することもでき、子供がどんなサイトを見ていたか?の履歴チェックもで可能になるので安心です。

このようにフィルタリング機能を各スマホに付け加え制限をつけることで、一般スマホをキッズスマホにすることもできるんです。

注意ポイント

しかし、あくまでも利用制限をかけるだけなので本来のキッズスマホのようにGPSを使った位置情報の確認などの防犯機能は搭載されません。

防犯機能を兼ねそろえた本当の意味でのキッズスマホを必要とするなら、auのミライエフォルテかトーンモバイルの2択になってくるでしょう。

【結論】キッズ携帯とキッズスマホどちらを持たせるべきか?

キッズ携帯とキッズスマホどちらを子供に持たせるべきなのか?迷うところかもしれません。

選ぶ一つの基準としてはお子さんの年齢でしょう。

小学生卒業まではキッズ携帯を持たせ、中学生入学するタイミングでキッズスマホに機種変更する。

さらに詳しく

便利さで選ぶのであれば、間違いなくキッズスマホですよ。

やっぱりできる機能が圧倒的ですし、ネット検索やアプリのダウンロードだってできるわけですから。

便利ですけど、その機能が小学生の時期にでも必ず必要か??ということだと思うんですよね。

子持ちママ
小学生の子供が自由にネット閲覧できるのって怖くないですか?

あくまでも、子供の身の安全を確認できるツールとして活用することを考えればキッズ携帯でできることで十分。

料金も安く負担も少ないですからね。

どのような目的で子供に携帯を持たせようとしているのか?を考えるとキッズ携帯とキッズスマホどちらを選ぶべきかも検討しやすいのではないでしょうか。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでラインは登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 キッズ携帯を ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 同じキャリア同士でのキッズ携帯を契約し利用すること自体はとくに大きな問題にはならないでしょう。 しかし、基本的には2年 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-キッズ携帯の基礎知識

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.