トーンモバイル

【トーンモバイルできること】子供に持たせたい人気の理由が誰でも分かる!

投稿日:2019年5月12日 更新日:

最近テレビCMの流れている「トーンモバイル」は、CDやDVDのレンタルで有名なTSUTAYAが提供する格安スマホです。
高齢者や子供でも使いやすくなっていることと、月額1,000円~2,000円の低価格で利用できるのが魅力です。

トーンモバイルが持つ他の格安スマホには無い特徴として、本体の端末やシステムを自社で開発・製造していることが挙げられます。

子持ちママ
複雑な料金プランが無く、料金プランは1パターンだけです。基本料金にオプション料金や通話代を加算するだけの分かりやすいシンプルなシステムになっています。

なお、TSUTAYAだけに、月額料金に対してTポイントが付与されます。

ポイント

・インターネットデータ通信
・050のIP電話
・メールサービス
・アフターサービス(電話、遠隔操作、店舗サポート)
・テザリング機能
・Wi-Fi
・TONEオリジナルアプリ

1,000円の基本料金だけでも非常にトーンモバイルはできることが豊富です。
デフォルト機能に追加して、子供の見守り機能など利用用途に応じてカスタマイズできるのも特徴です。

☑トーンモバイル公式ページはこちら

【メリット】トーンモバイルでできること

トーンモバイルはキッズスマホでとしての普及率が著しく伸びている端末。
キッズ携帯のように必要最低限の機能しかないのと違い、トーンモバイルは通常のスマホと変わらない機能をもちます。

そのため、電話はもちろんメールやネットの閲覧、アプリのダウンロードなどできることは非常に幅が広いです。

回線はドコモの回線を使用しているためサクサク動きますし、エリアもドコモキャリアと同じく国内のほとんどをカバーしてます。

デフォルトはIP電話だけど新規番号に変更もOK

トーンモバイルでは、デフォルトで050から始まるIP電話の番号が手に入ります。
ネット回線を利用しての電話が可能なIP電話ですけど、一般のスマホや携帯電話にも問題なく着信が可能です。

しかし、050の番号は印象が悪いと感じたりする人やすでに080/090の電話番号を持っている人がいてその番号を引き継ぎたいと考える人もいるでしょう。

そういった場合は、新規で080/090から始まる電話番号の取得もトーンモバイルではできます。

さらに詳しく

状況に応じて電話番号の選択肢が与えられることはメリットでしょう。

通信量は無制限でネットは使い放題

トーンモバイルではデーター通信料は無制限で使い放題。
速度制限もないので、ネット通信をデーター量を気にする必要なく利用できるのも大きなメリットです。

通信量に制限がないため、トーンモバイルでデザリング機能を上手に活用する人もいるほどです。

また、トーンモバイルは月額料金1,000円~維持できることもキッズスマホとして人気の理由です。

子持ちママ
お子さんに持たせるとはいえできるだけ料金は抑えたいのが本音ですもんね。

しかし、ネット使い放題なのは確かにメリットかもしれませんが子供に持たせることを考えるとそれほど必要性を感じない人もいいるかもしれませんね。

アプリのダウンロードも可能!LINE(ライン)もできる

トーンモバイルはキッズスマホであるため、LINEの利用が可能です。
もちろんトークや無料通話、ビデオ通話を楽しむことができますので、キッズ携帯とは違う大きなポイントになるでしょう。

今はメールでのやり取りはラインのトークを利用している人が圧倒的に多いでしょう。
そういった点では子供との連絡もラインが使えるのは親としても便利だと感じるかもしれません。

しかし、格安SIMでも同じことが言えますがドコモ、ソフトバンク、auの三大キャリアではないこともありトーンモバイルでは「ラインID」の検索機能の使用はできません。

さらに詳しく

ネット通信の利用だったり、ラインなどのアプリのインストールなど一般のスマホと同様にトーンモバイルではできます。

「普通のスマホと変わらないのに、子供に持たせて大丈夫なの?」と心配になる親御さんもいるかと思いますが、全く問題がありません。

子供が安全にもてるキッズスマホになるよう制限をかけカスタマイズすることが可能です。

このようにトーンモバイルは小さな子供にでも安心して持たせれるキッズスマホとして親側であらゆるフィルタリングをかけることができるんです。

それを可能にしているのが、トーンモバイルが無料で提供しているトーンファミリーです。

トーンモバイルの見守り機能(TONEファミリー)でできること

「トーンファミリー」は、高齢者や子供を見守る機能のオプションサービスのことです。

全国子ども会連合会推奨商品

お子さんに持たせるのであれば、必ず必須となってくるでしょう。
オプションであるため基本プランに追加する必要があるのですが、トーンファミリーは月額料金が無料です。

0円でトーンファミリーのサービスを受けることができますので、キッズスマホとしてトーンモバイルを利用するなら迷わずオプション追加していきましょうね。

そんなトーンファミリーでは以下のサービスが提供されています。

GPS機能で子供の位置情報を確認できる

GPSの利用によって現在の子端末の位置情報が分かります。
それだけではなく、子端末から30分ごとに送られてくる過去の位置情報も確認できます。

従って、子端末の充電が切れた場合でも、直近で「どこにいたか」「どこを通っているか」が確認できます。
キッズ携帯の代わりとしてトーンモバイルを持たせるのであれば、位置情報の確認ができるのは非常にメリットだと言えます。

電車など高速移動したことを自動通知で知らせてくれる

乗り物に乗ったことを検知して通知されるサービスです。
例えば予定になっかったはずなのに、車だったり電車に乗車したりした場合にすぐに対応できますね。

何らかしらのトラブルに巻き込まれたのか?子供のちょっとした好奇心による行動なのか?どちらにせよすぐに対応することで大きな事故になることを未然に防ぐことにつながるでしょう。

待ち受け画面に重要なメモを表示し続けれる

伝言が見逃されないように、メッセージを確認するまで表示し続けます。
絶対に子供に見てほしい連絡がある時なんかに重宝するサービスですね。

ダウンロードしたアプリの制限が可能

子端末で使うアプリごとの利用時間を制限できます。
また、保護者が許可したアプリのみ使えるように設定できます。

電話をかけれる相手を親側で制限できる

電話をかけられる相手を限定できます。

誰かまわずに連絡のやり取りができてしまうのは親として非常に心配する部分ではないでしょうか。

連絡可能な相手をあらかじめ指定しておくことで、大きなトラブルを未然に防ぐことにもつながるでしょう。

サイト閲覧を含むネットのフィルタリングの対応

キッズ携帯とは違いトーンモバイルは普通のスマホであるためネットの通信ができてしまいます。
私たちが日常で閲覧しているサイトを子供も同じように見れるのってちょっと心配ですよね。。

トーンモバイルではお子さんに安心して持たせることができるように、特定のサイトの閲覧をできないようにフィルタリングすることができます。

また、親の目が届かないところでどのようなサイトを見ていたかの確認もできるようになっているんですね。

子持ちママ
これは履歴を消しても見れてしまうので、子供のウソはすぐに見破れます。笑

ネットもそうですがアプリのダウンロードに関してもフィルタリングをかけることができますので安心です。
アプリをダウンロードした場合は同時に親のスマホに連絡がいくように設定もできますので、徹底的に監視をすることができるんです。

長時間のスマホ使用を制限するために、利用時間も決めて設定もできます。

お子さんの年齢に合わせた適切なフィルタリングを行ってあげることで、お互いに安心できる快適なキッズスマホとなるでしょう。

【注意】トーンモバイル3つのデメリット

格安SIMだったり三大キャリア以外の携帯を契約しているご家庭であれば、各キャリアで発売されているキッズ携帯を単独契約するよりもトーンモバイルがおすすめです。

もちろんメリットばかりではなく、トーンモバイルの知っておきたいデメリットもご紹介しておきますね。

通信速度は遅く動画(YouTube)の閲覧は難しい

TONEモバイルの通信速度は500~600kbpsのため、WEBサイトの閲覧やLINEなどのSNSの使用は支障ありませんが、動画やゲームになるとストレスを感じるようになります。

さらに詳しく

逆に、子供のゲームの利用を制限させる効果はあります。

基本的に子供にもたせるキッズスマホとして利用するのであればデメリットと感じない人も多いでしょうね。

2年の契約期間があり途中解約は違約金の発生がある

一般的に、格安スマホの契約期間は6ヶ月~12ヶ月になっていますが、TONEモバイルでは最低24ヶ月の契約になります。
契約期間内に解約すると、9,800円の違約金を取られます。

キッズ携帯でも同じことが言えますが、2年縛りがあるということで2年間は継続してトーンモバイルを契約し続けることを前提として考えるようにしましょう。

取り扱い店舗が少ない

トーンモバイルはTSUTAYAが提供しているサービスであるため、TSUTAYAもしくはカメラのキタムラの実店舗にて販売コーナーが設置されています。

TSUTAYAやカメラのキタムラ自体は全国展開しているのですが、トーンモバイルの取り扱いのある店舗はかなり少ないです。
数十店舗ほどしかありませんので、多くの人が近くにない!と感じるでしょう。

さらに詳しく

そのため、トーンモバイルの申し込みは大半の人がWEBでの対応になります。
実際に触れて見てから契約することができないのはデメリットだといえるのではないでしょうか。

また、店舗であれば口座振替といったトーンモバイル契約時にクレカ以外の支払い方法にも対応してるのですがWEB申し込みだとクレジットカード払いしか選択できないのも知っておきたいところですね。

【利用者急増中】トーンモバイルはキッズスマホとしておすすめ!

トーンモバイルのできることをご紹介してきました。
小さなお子さんでも安心して所持できるようにあらゆる工夫がされているのが分かったかと思います。

何よりトーンファミリーが無料オプションであることは非常にメリットであると感じれるでしょう。
子供の身の安全をいち早く確認できるGPSを使った位置情報の確認もトーンファミリーを追加すれば無料で利用できます。

三大キャリアの位置情報は月額料金が発生することを考えると、この点はトーンモバイルのほうが優れているとさえ言えます。

ネット利用もできラインも普通に使用できるトーンモバイル。

キッズ携帯が利用できるのが小学生未満までなので、キッズ携帯からキッススマホへ機種変更するタイミングにトーンモバイルの契約するのもいいでしょう。

子持ちママ
申し込み手順はこちらでまとめていますので参考にして下さいね。

【実例】トーンモバイルをWEB申し込みしてみた!手順を画像つきで説明

早いご家庭だと小学生高学年になるとトーンモバイルを持たせている世帯も少なくないです。

「キッズスマホのおすすめないかな?」って悩んでる人はぜひ、トーンモバイルを検討してみて下さいね。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでラインは登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 キッズ携帯を ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 同じキャリア同士でのキッズ携帯を契約し利用すること自体はとくに大きな問題にはならないでしょう。 しかし、基本的には2年 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-トーンモバイル

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.