トーンモバイル

トーンモバイル e20が発売!どう進化したか「e19」との違いを比較

トーンモバイル e20って旧モデルのe19と何か変わったの?

子どもに安心してスマホを持たせることができる独自の安心サービスと低価格が魅力のトーンモバイル。

トリプルカメラ搭載の最新モデルTONEe20を2月20日に発売を開始しました。

トーンモバイル e20は現在発売されているe19の後継機になり、e19の便利機能はそのままでカメラ性能などがさらに進化しています。

トーンモバイルの安心サービスについても、自撮り被害から子どもを守る新しい安心機能が登場しました。

この記事では、トーンモバイル e20はe19に比べてどんなどころが進化しているのかe19と比較しながら性能や安全面価格について解説していきます。

先にお話しておくと、価格についてはe19と同額の19,800円での発売。

トリプルカメラスマホを格安で手に入れることができる大チャンスですよ。

ママ友
気になる~

→トーンモバイル公式ページはこちら

トーンモバイル「e20」と「e19」のスペックを比較

TONEe20TONEe19
本体サイズ高さ159mm×幅76.5mm×厚さ8.2mm高さ153.6mm×幅73.1mm×厚さ8.9mm
重量175g167.5g
ディスプレイサイズ6.26インチHD+ディスプレイ5.93インチHD+ディスプレイ
CPUMediaTek Helio P22SDM450
メモリROM 64GB/RAM 4GBROM 32GB/RAM 3GB
外部メモリmicroSD 最大256GBmicroSD 最大256GB
バッテリー容量3,900mAh4,000mAh
カメラトリプルカメラ:1,200万画素+1,300万画素+200万画素

 

サブカメラ:800万画素

デュアルカメラ:1,200万画素+500万画素

 

サブカメラ:800万画素

生体認証顔/指紋顔/指紋
ワンセグ××
おサイフケータイ××

トーンモバイル e20の本体カラーは、e19と同じくホワイト1色のみの販売で、本体デザインもそこまで大きな変更はありません。

トーンモバイル e20とトーンモバイル e19のスペックについては、比較してみると全体的に性能がアップしていることがわかります。

TONEe20で進化したポイント

  • ディスプレイサイズのサイズアップ
  • メモリ容量の増加
  • カメラ性能の進化
  • アプリ認証が指紋と顔の両方に対応

の4つが最も大きく進化した点になります。

ディスプレイサイズが0.3インチサイズアップ

トーンモバイル e20のディスプレイサイズは6.26インチで、TONEe19と比べると約0.3インチディスプレイサイズが大きくなりました

ディスプレイサイズが大きくなった分、本体サイズも高さ5.4mm、幅3.4mmほどサイズアップ。

厚さについては0.7mm薄くなりました。

サイズアップしたといっても違いはわずかですのでそこまで大きく変わったということではありません。

ディスプレイが大きい方が画面は見やすいですから、トーンモバイル e19よりもe20の方が進化したと言えますね。

メモリ容量の増加

メモリ容量については、

e19ではROMが32GB、RAMが3GB

e20ではROMが64GB、RAMが4GB

ROMが本体の保存容量ということになりますので、e19に比べてトーンモバイル e20のメモリ容量は2倍も増えたということになります。

外部メモリは同じくmicroSDカードで最大256GBまで対応していますので、e19よりももっとたくさんのデータを保存しておくことが可能に。

RAMについては1度にデータを処理することができる容量ということになります。

RAMも3GBから4GBに増加しましたので、e19よりも1度に行えるデータ処理容量が増えたということになり処理性能が若干上がったということになります。

カメラ性能の進化

トーンモバイル e19からe20で最も進化した点はカメラ性能になります。

ポイント

TONEe19:デュアルカメラ
TONEe20:トリプルカメラ

e19では1,200万画素と500万画素のデュアルカメラが搭載。

トーンモバイル e20では1,200万画素と1,300万画素、さらに200万画素のトリプルカメラが搭載されました。

撮影角度120度の超広角レンズが搭載されたことにより、今までよりももっとワイドな写真を撮影することが可能になりました。

それ以外にも暗い場所での撮影でも明るく撮影することも可能。

接写撮影でもぼやけたりブレたりせずに高精細な写真を撮ることも可能になってカメラの性能自体も進化しています。

アプリ認証が指紋と顔の両方に対応

e19でも生体認証は顔と指紋のダブル認証に対応していましたが、アプリの生体認証については指紋認証のみの対応になっていました。

トーンモバイル e20ではアプリ起動のロック解除も指紋と顔の2つの認証を使うことができるように機能が進化しています。

暗いところでは指紋認証、手袋をしているときは顔認証など、シーンに応じて生体認証を使い分けることができさらに安全で便利にアプリを利用することができるようになりました。

不適切な写真送信の防止機能の追加

トーンモバイルでは本体の機能も進化していますが、さらにトーンモバイルの安心サービスの機能についても進化しています。

進化したポイント

  • 裸などの写真撮影をAIが自動ブロック

トーンモバイルでは独自のAI技術で、

子どものスマホの使いすぎ防止

有害サイトへのアクセスブロック

利用状況をレポート

安心サービスがあるので、子どものスマホデビューに最適なサービスを提供しています。

さらに2月20日からは子どもが自撮り被害に合わないように、裸などの不適切な写真を撮影しようとするとAIが自動で検知して撮影をブロックすることが可能に。

ここ数年子どもがLINEやSNSで自分の裸の画像を送るように指示されて、ネット上に裸の写真が流出してしまう自撮り被害というものが増加しています。

不適切な写真撮影を検知したら保護者の端末にも通知がいくので、子どもを自撮り被害から未然に守ることができます。

この機能は現在のところトーンモバイルだけが行っている機能。

子どものネット被害を守ることを考えたら、子どもにはトーンモバイルのスマホを持たせることが一番安全ではないでしょうか。

大容量バッテリーで安心の電池持ち

TONEe19のバッテリー容量は4,000mAhの大容量バッテリーでしたが、トーンモバイル e20では3,900mAhに若干容量が低下。

電池持ちについてはそこまで大きく変わらず1日中電池持ちの心配なしで快適に利用することができます。

CPUの性能は変わらず

スマホの性能を左右するCPUについてはSDM450からMediaTek Helio P22に変更。

開発しているメーカーが違うだけで性能自体はそこまで大きく変わったりはしていません。

他のキャリアで販売されているandroidスマホのミドルレンジスマホと同等の性能があります。

動作はe19と変わらずサクサクスムーズに動いてくれますので、子どもがSNSなどを利用しても全く問題なく安心して使うことができますよ。

置くだけサポートにも対応

トーンモバイルのオリジナル端末では、本体を入れていた箱に端末を置くだけで故障などがないか自動でチェックし、さらには自動で修復までしてくれる便利なサポート機能があります。

こちらもe19同様にトーンモバイル e20でも対応。

スマホの調子が悪いときなどは箱に置くだけで原因を探して自動修復してくれます。

置くだけサポート機能も進化して、キャッシュ消去のチェック項目が追加されて修正項目が確実に反映するように、チェックした後に再起動まで自動で行ってくれるようになりました。

トーンモバイル e20の料金

トーンモバイル e20を購入する場合の気になる料金面を見ていきましょう。

本体端末価格

本体価格:19,800円(825円×24回)

トーンモバイル e20の本体販売価格は、19,800円でe19と同じ本体価格になっています。

ディスプレイのサイズアップやメモリ増量、カメラ機能の進化などをしているのに本体価格は同じです。

かなりお得に最新のスマホを手に入れることができますよね。

通常、キャリアで同じくらいのスペックのスマホを購入するとしたら30,000円以上はします。

トーンモバイルなら格安でトリプルカメラ対応スマホを購入することができます。

月額料金の目安


トーンモバイルでe20を購入したら、毎月の維持費がどのくらいになるのかについても見ておきましょう。

月額料金1,000円
データ容量無制限
TONE電話トーンモバイル同士:0円

国内携帯宛:1分20円

国内一般加入電話:3分13円

トーンモバイルをオリジナル端末で利用する場合は、基本プランは月額1,000円で利用することができ、データ容量は無制限で使い放題となります。

また、050のIP電話を利用する場合は、トーンモバイル同士なら通話料無料で利用することもできますので、親子でトーンモバイルを利用するなら1台あたり月額たったの1,000円でスマホを使うことができます。

それ以外にも、高速データ通信が行いときや090の電話番号を利用したいときなどは別途オプションを申し込めば利用可能。

キッズスマホとして子供に持たせるなら、フィルタリングサービスもぜひ活用しておきましょう。

フィルタリングサービス+

トーンモバイルでは子どもが安全にスマホを使うことができるように、「TONEファミリーオプション」という安心サービスや「あんしんインターネットオプション」というフィルタリングサービスを利用することができます。

TONEファミリーオプション
月額料金:0円(保護者がトーンモバイルを使っていない場合は月額200円)

あんしんインターネットオプション
月額料金:0円(保護者がトーンモバイルを使っていない場合は月額100円)

スマホを子どもに持たせるならどうしてもアプリやインターネットの閲覧をすることが可能になってしまいますので、ネット上でトラブルや有害サイトへのアクセスによる個人情報流出といった被害に遭ってしまう可能性が出てきてきまいます。

トーンモバイルの安心サービスを利用することで、スマホの利用状況を確認したり利用を制限したりすることもできますし、GPS機能を利用して現在地を確認したり、有害サイトへアクセスしないように制限をかけることも簡単に行えます。

こういった安心サービスも家族でトーンモバイルを利用していれば月額料金無料で利用することができますので、トーンモバイルならお得に安心して子どもにスマホを持たせることができますよ。

利用状況に合わせて受有にオプションで利用できます。

トーンモバイルなら19歳以下の利用者の新規契約なら、基本プランを3か月間500円割引する学割キャンペーンも実施中。

2020年6月1日までにトーンモバイルを契約すれば3か月間は月額500円で使うことができます。

参考記事
【本当に安い?】キッズスマホとしてトーンモバイルを子供に契約したら月額料金はいくら?

「トーンモバイルって安いって聞くけど本当?実際に月額料金はどのくらいかかるのかな?」 数ある格安SIMの中でも、トーンモバイルは子どもの見守りスマホとして人気があります。 子どもの居場所をいつでも確認 ...

トーンモバイル e20まとめ

ポイント

  • ディスプレイサイズがサイズアップ
  • メモリ容量がアップ
  • カメラ性能が進化
  • アプリ認証機能が進化

トーンモバイルのTONEe20とe19の違いについて詳しく解説してきました。

トーンモバイル e20はe19よりもディスプレイサイズが大きくなり、メモリ容量も32GBから64GBに増加しました。

カメラについてもデュアルカメラからトリプルカメラに進化し、超広角レンズが搭載されたことにより、今までよりももっと多彩に写真を撮影することが可能になりました。

生体認証についても顔と指紋の2つの生体認証に対応しましたので、アプリを起動したりするときも利用シーンに応じて認証を使い分けることが可能に。

本体の機能以外にもトーンモバイルの安心サービス機能では、子どもの自撮り被害を防止するために裸などの不適切な写真を撮影しようとするとAIが自動で検知してブロックする機能を新たに追加しました。

e19よりも性能が高くなっているのに本体価格はe19と同じく19,800円という低価格での販売となるので、トーンモバイルでスマホデビューを検討しているのなら最新モデルのe20を購入するのがおすすめですよ。

2020年6月1日までは学割キャンペーンも開催していますので、ぜひ期間中にe20でスマホデビューを検討してみてくださいね。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 こちらの記事に詳しくまとめてますので一緒に参考にしてくださいね。 →キッズ携帯のおすすめ 同じキャリア同士でのキッズ携 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-トーンモバイル

Copyright© 【2020年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2020 All Rights Reserved.