ワイモバイル

ワイモバイルで子供にスマホを契約するなら故障安心パックは必要か考えてみた!

投稿日:

子どものスマホをワイモバイルで契約しようか検討している親御さんは、ワイモバイルの故障安心パックが必要なのか悩んでいる人もいますよね。

ワイモバイルの故障安心パックとは、スマホの修理代金や交換サポートだけでなく、セキュリティ補償やデータ復旧、電池サービスなどさまざまなサポートがセットになっているサービスです。

故障安心パックがどのようなサービスなのか、子どもにスマホを持たせるなら加入しておく必要があるのか、故障安心パックについて詳しく解説していきます。

関連記事
ワイモバイルでキッズスマホを持たせる方法はある?子供だけの単独契約は可能?

格安スマホのワイモバイルは、毎月の維持費が安くてお得ということをよく耳にするので、キッズスマホをワイモバイルで契約することができたらお得になるんじゃないか?と考えている保護者の人も多いのではないでしょ ...

ワイモバイルの故障安心パックとは?

参照:故障安心パック

ワイモバイルの故障安心パックプラスとは、万が一スマホに故障・水濡れ・盗難などのトラブルがあった場合に、格安で修理や交換サービスを利用することができるほか、インターネット利用時のウイルス対策やデータ復旧サポートなど、スマホに対するサポートをまとめて受けることができるサービスのことです。

月額料金や加入対象者

月額料金:690円
対象料金プラン:スマホプラン・シェアプラン
加入可能期間:ワイモバイルでスマホを購入するときに同時

故障安心パックの月額料金は690円で、ワイモバイルでスマホを購入するときに同時に申込みをする必要があります。

料金プランはスマホプランかシェアプラン利用者が対象であり、タブレットなどを契約する場合は、別の故障安心パックに加入することになります。

故障安心パックは購入時以外は加入することができませんが、退会することはいつでも可能です。

ただし、一度退会してしまうと再加入することはできませんので、退会するときは注意が必要です。

ワイモバイル故障安心パックの8つのサービス

故障安心パックのサービス

・故障保証サービス
・破損保証サービス
・故障交換サービス
・水濡れ・全損保証サービス
・盗難・紛失保証サービス
・電池パック無料サービスまたは内臓バッテリー交換修理割引サービス
・セキュリティトラブル補償
・データ復旧支援サービス

故障安心パックは、8つのサービスがセットになっています。

それぞれのサービス内容について詳しく解説していきましょう。

故障保証サービス


利用時負担金:0円

故障補償サービスは、スマホを落としたりぶつけたりしたわけでもないのに、突然電源が入らなくなったときや、ディスプレイが表示されなくなったときなど、いわゆる自然故障と言われるトラブルの場合に、無料で修理をすることができます。

また、スマホがすでに修理受付終了している場合には、ワイモバイルのスマホを格安で購入するという対応もしてくれます。

通常、ワイモバイルの保証期間は1年であり、それ以降は自然故障であっても有料での対応になりますが、故障安心パックに加入することで、保証期間を過ぎたあとも自然故障なら無料で修理を受けることができます

破損保証サービス


利用時負担金:最大1,500円

破損補償サービスは、自然故障ではなくスマホをぶつけて傷がついてしまったときや、長く利用している間に塗装がはげてしまってときなどの外装交換をしたいときに、最大1,500円の負担金で外装交換対応を利用することができます。

故障交換サービス


利用時負担金:7,500円~
利用可能回数:1年間に1回まで

故障交換サービスは、自然故障・外装破損・水濡れ・全損などといったときに、新品同等の同一機種に交換することができます。

対象機種負担金
iPhone7、iPhone6s、Xperia8、Android One X512,500円
iPhoneSE

Android One S7、Android One S6、Android One X4、Android One X3、Android OneX2、Android One X1、かんたんスマホ、arrows J、LG Q Stylus

10,000円
Libero S10、HUAWEI P30 lite、Android One S5、Android One S4、Android One S3、HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova lite for Y!mobile7,500円

それぞれの機種の負担金は以上の通りです。

時間がかかる修理とは違い、店頭に在庫があれば即日新しい機種に交換することができるので、忙しくて修理ができないというときも利用できますよね。

水濡れ・全損保証サービス


負担金:5,000円(外装交換が必要な場合は6,500円)

水濡れや全損というような状態のときも、水濡れ・全損保証サービスを利用して低価格で修理をすることができます。

外装交換も必要なときは破損保証サービスも適用になり、負担金6,500円で外装も修理することができます。

盗難・紛失保証サービス


盗難や紛失といったトラブルの場合は、同一機種または指定機種を低価格で購入することができます。

故障安心パックに加入していなかったら新しく購入するスマホの代金は全額実費で購入するしかありませんので、以前も紛失したことがあるという人や紛失する恐れがある人は故障安心パックに加入しておいた方が安心ですよ。

電池パック無料サービスまたは内臓バッテリー交換修理割引サービス


電池パック無料サービス:0円
内臓型バッテリー交換修理割引サービス:3,000円割引き
利用可能回数:1回

故障安心パックに加入すると、1年以上同一機種を利用していて1年以上故障安心パックに加入をしていた場合に、電池パックを無料で1つ貰うことができます。

電池パック無料サービスは申込み制なので、電池パック無料サービスの申込みが可能になってから1年間以内なら、いつでも好きなタイミングで貰うことができますよ。

電池パックが内臓されていて取り外しができないタイプのスマホを利用している場合は、バッテリー交換の修理代金を一律3,000円割引きするという特典を利用することができます。

利用しているスマホがバッテリーが脱着可能なタイプなのか、内臓型なのかで対応が変わり、どちらか一方のサービスを利用することが可能です。

セキュリティトラブル補償


負担金:上限5,000円まで補償
利用可能回数:1年間で1回まで

セキュリティトラブル補償は、インターネット利用時に不正アプリをインストールしてしまったりして、スマホが意図しない操作が発生するなどのトラブルに合った場合に、専門業者によるウィルス駆除サービスなどにかかった費用を上限5,000円まで補償してくれます。

専門業者は日本国内にある修理業者ならどこを利用しても補償してくれるので、近所のお店を利用することも可能です。

ウィルス駆除の費用の他に、初期設定などの作業にかかった費用や送料などを含めて上限5,000円までの補償になっています。

セキュリティトラブル補償は、利用後にワイモバイルに補償を申請することによって、補償金が支払われるため、一旦かかった費用を実費で負担することになります。

データ復旧支援サービス


負担金:0円
利用可能回数:1年間で1回まで

水濡れや画面割れなどの破損、落下などで電源が入らないといったときなどに、スマホからデータを復旧するサービスを無料で利用することができます。

復旧対象のデータ

電話帳
写真
動画
音楽データ
メール
メッセージアプリ

ワイモバイル故障安心パックに加入がおすすめな人

ポイント

・スマホを壊したり、失くしたりする可能性がある人
・インターネットのウィルスに不安がある人
・androidスマホを利用している人

故障安心パックのサービス内容について解説してきましたので、続いて故障安心パックに加入をおすすめしたい人はどんな人なのか考えてみました。

スマホを壊したり、失くしたりする可能性がある人

解説したとおり、故障安心パックはスマホを壊してしまったり失くしてしまったりしたときに、格安でスマホを修理したり新品同等のスマホに交換することができますので、子どもなどのマホを壊してしまう危険性が高い人は加入をしておいた方がいいですよね。

故障安心パックなら修理なら1,500円で何度でも修理ができますし、水濡れや全損のときも5,000円で修理をしてもらえます。

月額690円が12か月間で8,280円の負担はありますが、故障安心パックに加入しない状態で修理や外装交換ということになると、1万円以上も修理費用がかかることもありますので、1年のうちに1度でも修理や交換サービスを利用するなら元がとれます。

インターネットのウィルスに不安がある人


また、インターネットのウィルスについての知識がないという人にも故障安心パックはおすすめですよ。

スマホでは様々なアプリをインストールすることで、好きなコンテンツを利用することができますが、そのアプリが不正なものかどうか見分けることは非常に難しいです。

大丈夫だと思ってインストールしたアプリがもしかしたらウィルスを持ったアプリで、個人情報を抜き取られているかもしれません。

一度スマホに侵入したウィルスは、専門の人でなければ駆逐することは難しいでしょう。

子どもがウィルス対策について考えているということはほとんどありませんので、子どもにスマホでインターネットをさせるなら対策をしておく必要はありますよね。

androidスマホを利用している人

故障安心パックは、androidスマホを利用している人は加入をしておいた方がいいでしょう。

iPhoneを販売するappleでは、独自の補償サービスであるapple careを提供しています。

Apple careならiPhoneを購入してから30日以内なら加入することができますし、画面修理や交換サービスといったサービスも利用することが可能です。

しかし、androidスマホはメーカーが保証してくれるのは購入から1年以内の自然故障のみですので、画面破損や水濡れ、盗難、紛失といったトラブルのときは実費負担になってしまいます。

以上のことを考えると、子どもでandroidスマホを利用している場合は、故障安心パックには加入しておいた方が、子どもがスマホを壊してしまったりしたときも修理代金を安く抑えることが可能となるため、加入はしておいた方がいいでしょう。

ワイモバイル故障安心パックに加入をする必要がない人

ポイント

・iPhoneを利用している人
・モバイル保険といった独自の保険サービスに加入している人
・セキュリティ対策を独自で行える人

続いて、故障安心パックに加入をしなくてもいい人はどのような人か考えていきましょう。

iPhoneを利用している人


故障安心パックは8つのサービスのうちで、iPhoneが利用することができるサービスが限られています。

iPhoneが対象になっているサービス

・故障交換サービス
・盗難・紛失補償サービス
・セキュリティトラブル補償
・データ復旧支援サービス

iPhoneでは以上の4つのサービスしか利用することができません。

つまり、修理対応についてはまるで対応をしてくれないということです。

先ほど解説したように、iPhoneはapple careという独自の補償サービスを利用することが可能です。

機種名Applecareの料金
iPhoneSE12,800円
iPhone6S

iPhone7

iPhone8

14,800円

Applecareの料金は2年分の料金となるため、故障安心パックよりも安くなります。

8つのサービスのうち4つのサービスしか対象にならないのに、Apple care以上の料金を支払うなら故障安心パックにわざわざ加入する必要性はないですよね。

それなら最初からApple careに加入したほうがいいでしょう。

モバイル保険といった独自の保険サービスに加入している人

スマホなどの補償サービスは、現在はキャリアやメーカーだけが提供しているわけではありません。

現在は、さくら少額短期保険株式会社が提供する「モバイル保険」のようなモバイル機器の保険が登場しています。

モバイル保険なら月額700円で3台までモバイル機器の修理代金を補償してくれるので、そのような保険に独自で加入するということなら、故障安心パックに加入をしなくても修理代金を安く抑えることができます。

セキュリティ対策を独自で行える人

インターネットを利用する場合に、独自にセキュリティ対策を行っているという人も故障安心パックは必要ないと考えられます。

特にiPhoneはセキュリティが高く、アプリもappleが認めたものしか提供していませんので、ウィルスがiPhoneに侵入することを未然に防ぐことができます。

androidスマホの場合でも、パソコンのウイルス対策ソフトなどでスマホのウィルス対策にも対応していますので、独自に対策を行うことは可能です。

ワイモバイル故障安心パックは必要なのかについてのまとめ


ワイモバイルの故障安心パックについて解説してきました。

故障安心パックは端末の修理代のサポート以外に、交換対応やデータ復旧、バッテリーサービス、ウィルス対策など、スマホを安心して利用するためのサービスがすべて詰まっているサービスでした。

子どもにスマホを持たせる場合は、スマホを乱暴に扱ってしまうことも考えられるため、誤って落としてしまって壊した、失くした、水に濡らしてしまったといったトラブルが頻繁に起こる可能性が高いと考えられます。

また、たくさんのアプリをよくわからないままダウンロードしてしまったりすることもありますし、たくさんゲームをするようになってバッテリーの消費が激しい子どももいるでしょう。

そういったときに、故障安心パックに加入しておけば、修理や格安で利用できて、電池も貰えて、ウィルスに関わるトラブルにかかった費用も補償してくれるのですから、子どもにも安心してスマホを持たせることができるのではないでしょうか?

ただし、iPhoneの場合は対象になるサービスが4つしかないため、iPhone購入者はApplecareや独自の保険サービスに加入したほうがいいでしょう。

ワイモバイルで子どものスマホに故障安心パックが必要か検討していた親御さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 こちらの記事に詳しくまとめてますので一緒に参考にしてくださいね。 →キッズ携帯のおすすめ 同じキャリア同士でのキッズ携 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-ワイモバイル

Copyright© 【2020年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2020 All Rights Reserved.