トーンモバイル

トーンモバイルならiPhoneがキッズスマホに大変身!?TONE SIM(for iPhone)を徹底解説!

投稿日:

小さいお子さんでも当たり前のようにスマホを使う時代になりましたが、インターネットのトラブルが増加し、そのままスマホを持たせて使わせるのはちょっと心配になりますよね。

特に子どもはiPhoneを欲しがります。

確かにiPhoneはシンプルで使いやすいので、子どもがどうせスマホを買うならiPhoneがいいという気持ちも分かります。

しかし、iPhoneではいくら設定でアプリの利用制限をできたとしても、いちいちiPhoneから設定しなくてはないので、保護者としては面倒ですよね。

そして、子どもが近くにいない状況でも遠隔で設定をしたいという場合もあります。

そういった子どもへの安全を考えて提供されているのが、トーンモバイルのTONE SIM(for iPhone)です。

トーンモバイルのTONE SIM(for iPhone)ならiPhoneでも遠隔で利用制限などを設定することが可能になって、キッズスマホに大変身させることができるんです。

トーンモバイルのTONE SIM(for iPhone)について詳しく解説していきますので、子どもにiPhoneを持たせたいけど不安だという親御さんは、ぜひ記事を見ていってくださいね。

【TONE SIM for iPhone】子供もうれしいiPhoneをトーンモバイルで利用!

参照:TONE SIM(for iPhone)

中古のiPhoneや家族が前に使っていたiPhoneなどに、トーンモバイルのSIMであるTONE SIMを差すだけで、トーンモバイルのサービスをiPhoneで利用することができるサービスです。

子どもにiPhoneは使いやすくて人気があり、iPhoneが使いたいという子も多く、保護者は仕方なく使わせているということがあります。

それだとiPhoneでどのような利用をしているのかや居場所の確認、状況などを見守ることができずにネットのトラブルに巻き込まれていないか心配になりますよね。

トーンモバイルなら専用のSIMを差し込むだけでiPhoneでもトーンモバイルの安心機能を利用することが可能になるというのがTONE SIM(for iPhone)の特徴です。

月額料金は1,500円~利用可能

基本料金1,500円
データ容量無制限
通話料トーンモバイル同士は無料

携帯電話宛1分21円

固定電話宛3分13円

サポート

店舗サポート

電話サポート

無料

まずは、TONE SIM(for iPhone)の月額料金から解説していきましょう。

TONE SIM(for iPhone)の月額料金は1,500円で、データ容量が無制限になっています。

たったの1,500円でネットが使い放題になり、トーンモバイル同士なら通話は無料になっていて、携帯電話に通話する場合は1分21円が加算されるという内容になっていますが、ネットが使い放題ということで、とてもお得で家計には大助かりなプラン内容になっていますよね。

あくまでトーンモバイルSIMなので通信速度は遅い

しかし、ネットが使い放題という点で子どもが大喜びなこと間違いないのですが、速度はそんなに速いわけではないので、地図を調べたりメッセージを送りあったり、インターネットでちょっと調べものをするくらいなら問題ないのですが、動画視聴やゲーム、アプリのダウンロードには向かない速度になっています。

そのため、動画視聴やゲーム、アプリのダウンロードなどをする場合は、Wi-Fi接続で行うことを公式で推奨していて、Wi-Fi接続ができないということなら、1GB300円で高速チケットというインターネット速度を早くするサービスを購入すれば、動画視聴やゲームなどを快適に利用することができます。

しかし、1GB300円なので使い過ぎには注意が必要です、自宅でWi-Fi接続が可能なら月額料金1,500円で利用することができます。

保護者がトーンモバイルを利用していない場合は、月額料金1,500円にTONEファミリーのオプション料金200円が加算されて1,700円での利用になります。

そして、端末は購入しなくてもいいという点もポイントが高いですよね。

数年前に利用していた古いiPhoneなど自宅にあれば、それを利用することもできます。

iPhoneが手元になければ、中古で安いiPhoneを購入してもいいので、わざわざ新しいiPhoneを購入する必要がないので、とても経済的です。

トーン見守りアプリを利用できる


上記のTONEファミリーの中でも、よく使う機能をすぐに利用することができるトーン見守りアプリを利用することができます。

保護者のスマホにダウンロードしておけば、いつでもすぐに居場所を確認したり、アプリ利用状況を確認、その他の各種通知、乗り物移動を通知する機能、特定の場所に着いたらスマホ利用をロックするなどをいつでもリアルタイムで確認できます。

アプリはandroidでもiPhoneでも対応しているので保護者のスマホに必ずダウンロードしておきましょう。

【見守り機能】TONEあんしんAIがiPhoneに対応!


TONEファミリー

・居場所確認/移動履歴確認
・家や学校など所定の場所に出入りした際、親に通知する機能
・アプリ利用制限
・アプリ利用時間制限
・あんしんインターネット
・バッテリ状況の通知
・チケット購入時の通知
・歩きスマホ警告
・ゆるやか見守り

トーンモバイルならiPhoneでもキッズスマホのように様々な制限を付けることができます

それがTONEファミリーというオプションサービスです。

TONEファミリーの中でもiPhoneで利用できる機能は、TONEモバイルで販売している端末よりも少なくはなりますが、それでも子どもの見守りに必要な制限はiPhoneでもすべて利用することができます

どんな制限を付けることができるのか詳しく解説していきますね。

常に子供に居場所と移動履歴を確認できる


保護者のスマホやパソコンから、簡単に子どもの居場所が確認できます。

スマホやパソコンで専用ページを開き、「現在地メニュー」をクリックするだけですぐに居場所を確認することができます。

また、「過去の位置情報」を選択すると、一定期間の移動した履歴を確認することもできるので、現在地に来るまでにどこに行っていたのかまで確認することが可能です。

家や学校など所定の場所に出入りした際、親に自動通知

塾や学校など、あらかじめ登録している場所に子どもが出入りすると、保護者に通知が送られてきます

塾などに一人で向かっている場合は、きちんと到着したことが通知で分かるので、安心して自宅から見送ることができますよね。

親が外出しているときも、自宅を登録していればいつ自宅に帰ってきたのかを確認することができるので、留守番するときも見守ることができるので、便利な機能ですよね。

アプリのダウンロードや課金制限ができる


アプリ利用制限で、アプリのインストールや課金管理ができます。

子どもがインストールしたいアプリがあったら、子どもは保護者にリクエストを送り、保護者がそのリクエストを確認して許可を行ったらアプリをダウンロードすることができるようになっています。

アプリの課金なども許可がなければ勝手にすることができないので、ゲームなどで夢中になっても制限させることができます。

アプリの一日の利用時間を制限することができる

アプリに利用時間の設定をすることもできます。

時間帯で設定したり、一日の合計時間で設定したりすることができるので、その時の状況によっていつでも保護者のスマホやパソコンから変更することができます。

また、アプリの利用時間制限は対象のアプリならアプリごとに個別で設定することもできます。

対象のアプリ

パズル&ドラゴンズ             モンスターストライク
ディズニー ツムツムランド          荒野行動
PUBG MOBILEフォートナイト         AbemaTV
Amazonプライムビデオ           Netflix
dTV                    Hulu
Niconico                  U-NEXT
TVer                    DAZN
ツイキャス                 ライブ
ツイキャス                 ビュワー
TikTok                   YouTube
Apple Music                 AWA
Spotify                   YouTube Music
LINE MUSIC                 LINE
Facebook                  Instagram
Twitter                   Peing-質問箱-
ひま部                   ぎゃるる
メルカリ

ゲームやSNS、動画サービスなど全部で32種類のアプリが対象になっていて、保護者からの声などから厳選しているので、どのアプリも子どもに人気のあるアプリばかりです。

これだけの数のアプリを個別に制限をかけることができるので、子どもと相談しながらお互いに納得のいく設定をすることができます。

子供に見てほしくないサイトの閲覧を防止

あんしんインターネットは、大人向けサイト、出会い系サイト、暴力や違法情報を掲載する有害サイトへのアクセスをブロックします。

子どもの年齢に合わせて小学生・中学生・高校生のモードから選ぶことができ、フィルタからはずしたいサイトはURLを20件までホワイトリストに登録すると閲覧することが可能です。

あんしんインターネットでは、アクセス禁止ページにアクセスしようとした回数や総利用時間、アクセス先ジャンルまで確認することができるので、子どもがどんなことに興味があるのかということも知る手がかりにもなります。

このあんしんインターネットは保護者がトーンモバイルを利用している場合は無料で利用することができますが、そうでない場合は月額100円の有料サービスになっています。

バッテリー残量を教えてくれる

バッテリの残量が少なくなっている場合は保護者に通知が行くように設定することができます。

バッテリがなくなってしまうと居場所などを確認することもできなくなってしまい、いざというときに利用できなくなってしまうので、バッテリ状況通知でお知らせが来たら充電をするようにしましょう。

高速チケット購入時に親側に自動通知がくる

チケット購入時の通知は、トーンモバイルのインターネット速度を早くする高速チケットを購入した場合に、保護者に通知が行きます。

子どもが知らぬ間にチケットを購入したりしないようにすることができますよ。

子供が歩きスマホをしていたら警告表示

歩きスマホを子どもが行った場合、スマホが歩きスマホを検知して画面に歩きスマホ警告の画面が出て、注意を促します。

また、保護者のスマホにも通知がいきます。

歩きスマホをしていると、交通事故などに巻き込まれたり、人にぶつかってトラブルになることも多発しているということを子どもに教えてあげましょう。

子供の成長に合わせて見守り制限を設定できる

ゆるやか見守りは、居場所の検索などを市内など広域にすることで、子どものプライバシーに配慮した設定にすることができます。

ゆるやか見守りにしていると、通知はバッテリ状況や前日分のレポートくらいしか通知が来なくなりますので、子どもが大きくなってきたら少し見守りをゆるめることも可能です。

子供の利用頻度の多いアプリやサイトをレポート化してくれる

あんしんレポートで、子どもがよく利用しているアプリやウェブサイト、歩きスマホ多発エリアなどをお知らせしてくれます。

レポートで気になることがあれば子どもに直接確認したり、相談して制限を緩めてあげたりしてみてください。

臨機応変に設定を変更することができるのもTONEファミリーのいいところです。

また、子どもの年齢に合わせた最適なTONEファミリーの設定をオススメしてくれるので、設定をどうするか悩んだときにはAIに任せて設定してみてください。

子供も喜ぶiPhoneをトーンモバイルで安心して持たせれるメリット!

トーンモバイルのTONE SIM(for iPhone)で利用できる安心機能について解説してきましたが、いかがでしたか?

どこの通信会社でもここまでの安心機能を揃えて提供しているところは他にありません。

確かに、アクセス制限や居場所確認などはどこの通信会社でも利用することはできます。

それ以外に歩きスマホを警告したりバッテリ状況を通知してくれたり、アプリやウェブサイトの閲覧履歴まで確認することができる、というサービスが全部無料で利用できるのがとてもお得ですよね。

さらに、レポートまでしてくれます。

それもiPhoneでここまで制限が付けられるというのがポイントですよね。

子どもが巻き込まれる事件やインターネットでのトラブルなど、さまざまな心配事が子どもの周りにはたくさんありますので、スマホを初めて持たせようと思っている親御さんは、まずは徹底したスマホの利用制限、管理をすることが大切です。

スマホの使い方やインターネットの知識が深まってから、制限を緩くしてあげても遅くありません。

まずは、トーンモバイルから子どものスマホデビューをしてみてはいかがでしょうか。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 同じキャリア同士でのキッズ携帯を契約し利用すること自体はとくに大きな問題にはならないでしょう。 しかし、基本的には2年 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-トーンモバイル

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.