キッズ携帯の基礎知識

【メリット・デメリット】中学生にスマホは必要か?持たせる理由を再確認

投稿日:

子どもが中学生になったらスマホを持たせようか検討している保護者は多いのではないでしょうか?

近年は小学生でもスマホを持つ子も増えており、中学生になると子どもも当たり前のようにスマホを欲しがるようになります。

子持ちママ
時代ですね~

中学生にスマホを持たせる必要があるのか?持たせるメリットやデメリットにはどんなことがあるのか、デメリットを解消するために必要な機能などについて詳しくまとめました。

スマホを持たせる必要があるのか悩んでいる親御さんは、ぜひこの記事を参考に中学生にスマホを持たせる理由を再確認してみてくださいね。

→キャリアスマホと格安スマホの違い

関連記事
【中学生のスマホ選び】キャリアと格安スマホの違いを分かりやすく解説!

ここ数年で格安スマホを利用しているユーザーは非常に増えてきています。 「格安」という名前がついているので、大手キャリアよりも安くてお得だと考えてしまいますよね。 子持ちママ私もドコモより格安SIMのほ ...

中学生の子供にスマホを持たせる6つのメリット


・居場所がわかる
・送迎の時に便利
・学校の連絡手段
・友達とのコミュニケーションツール
・家族のコミュニケーションツール
・情報を入手しやすい

中学生の子どもにスマホを持たせた場合、6つのメリットがあります。

居場所がわかる

ほぼすべてのスマホでGPS機能が搭載されているため、スマホの位置情報を調べることによって子どもの現在地をいつでも確認することができます。

中学生にもなると迷子になったりすることは考えにくいですが、何か事件に巻き込まれてしまった場合などに役立つ機能です。

連れ去り事件などに遭遇してしまった場合でも、スマホの位置情報を確認して現在地を簡単に割り出すことができます。

また、塾に行く時間になっても塾に行っていないなどの情報をつかむこともできますので、中学生と言えどもまだ子供ですから、居場所がわかるということがスマホを持たせる場合に最もメリットがある機能と言えるでしょう。

送迎の時に便利


今の世の中では、学校や塾への送迎を親が毎日行っているという家庭が非常に増えてきています。

学校や塾への登下校時に事件に巻き込まれるニュースが多かったり、親も共働きで自宅にいないという場合も多いため、放課後児童クラブを利用している家庭もあります。

そんな送迎時でも、スマホがあればいつでもすぐに連絡をとることができ、少し遅れてしまう場合やどこにいるか見つけられない場合、急用で送迎の時間が変わるときなど、さまざまな状況に臨機応変に対応することが可能になります。

学校や部活の連絡手段になっている


スマホを持っている中学生が増えてきたために、学校の休校やクラス行事、部活などの連絡については、スマホアプリのLINEなどでグループを作って一斉に連絡するようになっているところもあります。

電話で連絡したりメールで送るよりも、アプリのグループLINEを利用したほうが直感的で分かりやすく、また既読機能などがついているため、内容を確認したかについてもすぐにわかるようになっています。

スマホが連絡手段の1つとして当たり前のようになってきているので、持っていないと連絡がつかなくて逆に大変な思いをすることもあります。

友達とのコミュニケーションツール

子どもにとっては、スマホは友達とのコミュニケーションツールとなっているため、スマホを持っていないと話題についていけないということが起こっているようです。

スマホのアプリでは、SNSや動画、ゲーム、漫画などあらゆるサービスをいつでも簡単に利用することができるので、流行に敏感な中高生の間では次々新しいアプリの情報が回っていきます。

スマホだけがコミュニケーションツールじゃないとわかっていながらも、やはりスマホが生活の一部となっている人が多い現代では、スマホがないと輪に入れなくなってしまうという子も少なくないようです。

中学生くらいの多感な頃には、周囲との摩擦を生まないようにコミュニケーションツールとしてスマホを持たせる必要性は非常に高くなっているのではないでしょうか。

家族のコミュニケーションツール

友だち同士だけじゃなく、家族間のコミュニケーションツールとしてもスマホは活躍しています。

共働き家庭が多い現代では、子どもと会話をすることができる時間が一日に数時間もとることができないという家庭も多く、子どもとコミュニケーションを図ることが難しくなっています。

そのため、家庭内でもスマホでLINEグループを作って会話をしたりすることで、子どもとコミュニケーションをとる家庭が多くなりました。

面と向かって言いづらいことでもLINEなら言いやすいという子どももいるため、子どもとの距離を縮めるツールとしてはスマホは最適なコミュニケーションツールと言えます。

情報を入手しやすい


子どもにスマホを持たせると、子どもは疑問に思ったことや分からないことなど、自分でスマホを使って調べることができるようになります。

インターネットが登場する前までは、分からないことを調べるというのは非常に時間のかかる大変な作業でした。

辞書や辞典を見て調べてみたり、人に聞いたり、それでも分からなければ何日も悩み続けたり、最終的には分からないものを分からないままにしておくことしかできませんでした。

しかし、スマホが普及したことにより、さまざまな情報を一瞬で調べることができるため、子どもが知りたいこと、教えてほしいことをいつでも手軽に調べることができます。

勉強する場合でも、スマホでは学習アプリがたくさんあるので、文字だけでなく、画像や動画を見ながらいつでも勉強をすることができるので、理解力が身に着きます。

中学生の子供にスマホを持たせる5つのデメリット


・勉強の妨げになる
・ネット上のトラブルに巻き込まれる
・人間関係のトラブル
・視力低下や生活態度の変化
・ゲーム・SNS依存症の危険

中学生にスマホを持たせるメリットは、魅力的なものばかりですよね。

これだけのメリットがあれば、中学生にスマホを持たせるか検討していた人は持たせることを決断するかもしれません。

しかし、スマホを持たせる場合にはデメリットも当然ありますので、スマホを持たせる5つのデメリットも詳しく解説していきましょう。

勉強の妨げになる

スマホの使いすぎによって勉強の妨げになってしまうことが考えられます。

スマホはシンプルで使いやすく、手軽にいつでもゲームをしたり音楽を聴いたり、友達とメッセージを送りあったりすることができるため、ついつい勉強の合間にスマホを見てしまうという子どもがいます。

そうすると、なかなか勉強が頭に入らなかったり、勉強せずにスマホばかりをいじってしまって一日が終わってしまうという状況になってしまうことがあります。

ネット上のトラブルに巻き込まれる


スマホの中でのやり取りは、すべてを親が監視することはできませんので、知らない間にネット上でトラブルに巻き込まれている可能性があります。

詐欺だと気付かずに知らない人と連絡を取るようになっていたり、架空請求などの通知を真に受けて、知らぬ間にお金を支払ってしまっていたり、アプリの有料アプリに高額な課金をしてしまったりなどトラブルは多岐に渡ります。

スマホを持たせるだけでネット上のトラブルに巻き込まれる可能性があるということを親もしっかり理解しておかないと、取り返しのつかないトラブルに遭遇することもありますので注意が必要です。

人間関係のトラブル

簡単に友達とコミュニケーションが取れるようになって便利な反面、すぐに返事をしなかったりちょっとした文字の打ち間違いなどから、友達同士の間でトラブルになることもあります。

簡単にグループチャットなどを利用することができるため、集団いじめに繋がったり、相手を傷つけてしまうようなことをメッセージで送ったりすることが簡単にできてしまいます。

視力低下や生活態度の変化


視力に悪影響をもたらすブルーライトがスマホからは出ています。

長時間スマホの画面を見続けることにより、視力低下につながることになるため、一日中スマホを使わせるのには注意すべきです。

また、夜寝る前にブルーライトを見ることで、睡眠の質が下がって寝不足が続くことも考えられます。

寝不足が続くことで朝しっかり起きることができず、学校に遅刻したり授業中に寝てしまったりなど、生活態度に悪影響を及ぼす可能性もあります。

ゲーム・SNS依存症の危険

スマホではさまざまなアプリを無料でできるものが多いため、子どもが夢中になってゲームなどで遊んでしまう依存症の危険性があります。

ゲームやSNSなどでは依存症になる場合も見受けられ、常にスマホを触っていないと落ち着かなくなってしまいます。

次々新しいアプリが提供されるため、子どもたちも飽きることなく次々ゲームをダウンロードすることができますので、ますます依存症になってしまう危険性が高くなっています。

中学生にスマホを安心して持たせるためのルール

・フィルタリング設定は必ず行う
・利用時間を決める
・ネット上で注意しなければいけないことを説明する

中学生にスマホを持たせる場合には、メリットよりもデメリットについて気を付けていかなくてはなりません。

デメリットを少しでも防ぐために、中学生にスマホを持たせる場合には、家庭それぞれで徹底したルール作りをすることがおすすめです。

どんな内容のルールを作ればデメリットを解消することができるのか、参考になる例を紹介していきますね。

フィルタリング設定は必ず行う

現在は、どこのキャリアでも未成年者が利用する場合には、スマホにフィルタリング設定を行うことが義務付けられています。

フィルタリング設定には、各キャリアによって提供している内容が異なりますが、基本的な機能は一緒です。

・有害サイトやアプリへのアクセス制限
・アプリのダウンロードを制限
・利用時間制限

フィルタリング設定では、子どもの年齢によって一括で有害サイトやアプリにアクセスできないように制限をかけることが簡単にできます。

できるだけネットのトラブルに巻き込まれないように、はじめから危険なサイトは閲覧できないようにすることができるということですね。

アプリを勝手にダウンロードしたりすることを制限することも可能です。

有料アプリを制限したり、無料であっても親が許可しなければダウンロードしたりすることができないようにすることができます。

また、学校に持って行っている間はアプリが利用できないようにしたり、夜遅い時間は操作ができないようにしたりなど、利用できる時間を制限することも可能です。

このようなフィルタリング設定を、子どもが嫌がるからと言って設定しないでいると、子どもの生活に悪影響を及ぼす可能性がありますので、中学生にスマホを持たせる場合には必ずフィルタリング設定を行うようにしましょう。

利用時間を決める


フィルタリング設定と同じような内容にもなりますが、子どもと利用時間について話し合いをしておくことも大切です。

「1日〇時間まで」や「寝る前はスマホを見ない」、「勉強や家の手伝いをし終わってから」など、スマホを持たせるにあたって子どもとしっかりと時間を取り決めておくことで、後々子どもとトラブルになることを避けることができます。

フィルタリング設定で利用時間を制限することは簡単ですが、子どもが納得してスマホの利用時間を守らないと、子どもはスマホ以外何もしなくなってしまう可能性もあります。

スマホで遊ぶ前に、しっかり勉強をすることや家の手伝いをすることなど家庭内でスマホを利用するためのルールを決めましょう。

ネット上で注意しなければいけないことを説明する

いくらフィルタリング設定などで、子どもがトラブルに巻き込まれないように制限をかけたとしても、子どもがネットの危険性を理解しなければ、いつかトラブルに発展してしまうことになります。

スマホを持たせる前に、子どもにスマホを利用したことによる事件にどんなものがあったのか、どんな損害があったのかなどをしっかり教えてあげることが重要です。

スマホ一つで世界中の人と繋がっているということを忘れないように、常に子供にネットの危険性について説明してあげるように、親も心掛ける必要がありますよ。

中学生にスマホを持たせる場合はメリットも多いがデメリットに注意

中学生にスマホは必要なのか、持たせる理由を再確認するために、メリット・デメリットを紹介してきました。

スマホは、いつでも連絡を取ることができるコミュニケーションツールとして、とても便利ですよね。

家庭内でスマホを使ってたくさんコミュニケーションをとったり、子どもが友達同士でコミュニケーションをとったりすることができますし、その他にもスマホを持つメリットがたくさんあります。

しかし、メリット以上にデメリットが大きく、知らぬ間にトラブルに巻き込まれてしまう可能性も多いにあります。

スマホを持たせる上でのデメリットをきちんと理解して、フィルタリング設定をきちんと行ったり、利用時間に気を付けたり、子どもと定期的にネットトラブルの危険性について話し合ったりする時間を設けるように心がけましょう。

スマホを購入する前に、スマホの使い方について家庭内でルールを決めることをおすすめします。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 こちらの記事に詳しくまとめてますので一緒に参考にしてくださいね。 →キッズ携帯のおすすめ 同じキャリア同士でのキッズ携 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-キッズ携帯の基礎知識

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.