ドコモ

【知育アプリ】dキッズでできることって何?申し込むべきメリットはある?

投稿日:

近年、子どもはスマホでゲームをしたり学習することが当たり前のようになってきていますよね。

動く映像などで分かりやすく、ゲーム感覚で遊びながら勉強することができるアプリがたくさんあるので、知育アプリとして活用することもできます。

12歳までの子どもを持つ親御さんで、子どもにアプリでゲームをさせている人はたくさんいるのではないでしょか?

しかし、アプリは多種多様でどんなアプリかわからないままインストールして、使ってみたら思っていたのと違うかったり、有料アプリをインストールしたのに結局全然遊んでくれなかったり、広告を間違ってクリックして違うサイトにいってしまったりと、子どもにスマホでアプリをさせるには不安なことが多々ありますよね

それに、楽しいからと言って一日中ずっとアプリばかりされるのも困ります。

子どもが安全に利用することができて、制限もつけられる便利なサービスがあれば、安心して子どもに知育アプリを使って学ばせることができますよね。

そういう時には、ドコモが提供するdキッズというサービスがおすすめです。

dキッズは、月額372円で週替わりで30種のアプリが使い放題で利用することができます。

ドコモが認めた安全安心なアプリだけを利用することができますし、子どもが誤操作をしないようにする設定や使いすぎを防止する機能も搭載されています。

子どもにどんなアプリを使わせていいのか悩んでいる親御さんも、dキッズの中からたくさんのアプリを使わせることができるので、安心ですよ。

dキッズではどんなことができるのか、どんなメリットがるのか詳しく解説していきますので、子どものアプリの使い方に悩む親御さんはぜひ参考にしてみてくださいね。

dキッズとは?dキッズでできること

公式:dキッズ

dキッズとは、0歳~12歳の子どもが興味や好奇心を持つ「学ぶ」「遊べる」「楽しめる」知育コンテンツアプリが毎月372円で使い放題になる有料コンテンツです。

国語や算数、英語、音楽、お絵かき、絵本、クイズなどの豊富なジャンルが毎月更新されて、30種以上の知育アプリが使い放題になり、子どもの使いすぎや誤操作を防ぐ安心機能も搭載されているので、子どもにスマホやタブレットを使わせても安心安全なサービスになっています。

dキッズでできることや、dキッズの魅力について詳しく解説していきますね。

dキッズはドコモユーザー以外も利用可能

dキッズの対応機種
・iOS10以降のiPhone
・iOS10以降のiPad
・android4.4以降のスマートフォン
・android4.4以降のタブレット

dキッズの対応機種は、iPhoneとandroidスマホどちらにも対応している他、ドコモユーザー以外でもdアカウントを取得すれば利用することが可能です。

dキッズのコンテンツは人気キャラクターばかり


・ディズニーマジカルえほんワールド
・英検4級~5級ラーニング
・英検ジュニア
・とびだす・おえかき
・しまじろうパーク
・森のえほん館
・おやこでおとあそび
・おしごとコレクション
・えいごであそぼプラネット
・プリキュアかずあそび
・ゆびドリル
・ほっぺちゃんとうのうトレーニング
・パズル道場
・アンパンマンとたのしくおけいこ
・クレヨンしんちゃんお手伝い大作戦
・ドラえもんおやこでかんじあそび
・うごくさんすう

dキッズにはさまざまなコンテンツが多数あり、ベネッセやポプラ社など大手企業の知育アプリや人気キャラクターの公式アプリもたくさんあるため、安全性の取れているアプリばかりを子どもに安心して使わせることができるのが魅力です。

それに、アプリは毎月入れ替わるので、子どもは飽きずにたくさんのアプリを楽しむことができますし、広告表示なしで利用することができるので間違って広告をクリックしたりしてしまうこともありません

また、androidアプリでもiPhoneアプリでも、知育アプリは数えきれないほど豊富にあり、どのアプリを選べばいいかわからない場合も多いですし、有料アプリをインストールしてみたのに全然遊んでくれなかったということもありますよね。

dキッズは月額料金だけでたくさんの知育サービスを利用することができるので、一つ一つ課金してインストールする必要がないですし、たくさんのアプリから選ぶことができるので飽きることなく楽しむことができるので経済的です。

ジャンルが豊富

・絵本
・お絵かき
・クイズ
・パズル
・英語
・国語
・算数
・食育
・音楽
・マナー
・自然科学
・社会
・生活
・プログラミング

dキッズでは、知育アプリの全ジャンルを網羅しています。

そのため、2歳から英語を学ばせてみたり、右脳の感性を育てたり、地理や図鑑などの知識を深めたりすることなどを楽しく学ぶことができます。

たくさんのジャンルを試してみることで、子どもの得意分野や好きな分野を見つけることができるので、塾や習い事に行かせる前の早い年齢のうちから得意なことを伸ばしてあげる手助けになります。

どんな習い事に通わせようか悩んでいる人は、まずはdキッズでさまざまなことをさせてみて、どんなジャンルに興味があるのかを探ってみるということもできますよね。

有料アプリも追加料金なし


dキッズで利用することができるアプリのほとんどは有料アプリなんですが、dキッズからインストールすれば追加料金なしで使い放題にすることができます。

例えば、「クレヨンしんちゃんのお手伝い大作戦」というアプリは無料のアプリではありますが、実際は全部のステージで遊べるのは1日5回までだけで、無制限で利用できるのは1つか2つくらいのステージしかないんですよ。

すべてのステージを無制限で遊ぶためには、月額350円を課金する必要があります。

1か月遊び放題で350円ならと思ってしまうところなんですが、子どもは飽きたら遊ばなくなってしまうこともあるので、1日遊んだらあとは全く遊ばないという可能性も否定できません。

翌日には違う有料アプリで遊びたがることもあり得ますので、毎回有料アプリを購入していたらお金がいくらあっても足りませんよね。

dキッズなら、このような有料アプリも全部含めて30種類が372円で利用することができます。

1つ350円のクレヨンしんちゃんのアプリも、dキッズなら30種の中の1つということになるので、有料アプリを1つずつ課金するよりも、dキッズで遊べるアプリで遊ばせた方が何倍もお得になりますよね。

年齢に適したアプリを紹介してくれる


0歳と3歳を比べれば当然遊び方も違いますし、興味があることも変わりますよね。

知育アプリにも対象にしている年齢というものがありますので、dキッズでは子どもの年齢を設定することができ、年齢にピッタリのアプリを紹介してくれます。

最大4人まで子どもの情報を登録することができるので、それぞれの年齢に合ったアプリを利用することができ、兄弟でもそれぞれの年齢に合ったアプリを楽しむことができますよ。

使いすぎや誤操作防止ができるキッズモード


ポイント

・使いすぎ防止
・誤操作防止

dキッズには使いすぎや誤操作を防止するキッズモードが搭載されています。

タイマーを設定することができ、タイマーの設定時間になると保護者が設定したパスワードを入力する必要があり、パスワードを入力しないと延長することができませんので、子どもの使いすぎを防止することができますよ。

また、キッズモードを終了する場合にもパスワードの入力が必要になっています。

子どもがdキッズを終了させて勝手に他のアプリで遊んだりしないように、終了させたいときも保護者の確認が必要になっているので、あんしんして子どもにスマホやタブレットを使わせることができます。

ミッションクリアでdポイントや豪華賞品が貰える


dキッズでは、毎月指定した知育アプリで遊ぶことでdポイントがもれなく貰えます

ミッションは毎月変わるので、子どもは飽きることなくさまざまなアプリで楽しく学ぶことができ、さらにdポイントも貰うことができるので家計もお得です。

dポイントは街角のお店での支払いでd払いをするときに利用したり、ケータイ料金の支払いに利用したり、豪華賞品と交換することができますよ。

子どもは遊べて、親はポイントが貯まるということで、子どもも親もお互いにメリットを感じることができますよね。

また、dポイントだけでなく、ミッションクリアすると抽選でおもちゃがプレゼントされたりするので、遊びながら豪華賞品を無料でゲットできるチャンスもありますよ。

dキッズを利用するならドコモ子育て応援プログラムに登録するのがおすすめ

公式:ドコモ子育て応援プログラム

dキッズは月額372円で利用することができる有料コンテンツですが、初回31日間は無料で利用することができるので、どんなサービスなのか試しに利用してみようかなという人も、一度無料で使ってみることができるのでお得に試してみることができます。

さらに、dキッズは「ドコモ子育て応援プログラム」に登録すると最大13か月間無料で利用することができ、さらにお得に利用することが可能になっています。

「ドコモ子育て応援プログラム」は、月額料金が無料で12歳までの子どもがいる親が加入することができるサービスです。

「ドコモ子育て応援プログラム」に申込みをして、子どもの情報をドコモに登録することによって、4つの特典を受けることができます。

参考記事
ドコモ子育て応援プログラムが意外とお得だと判明!申し込むべきメリットや注意点を解説

ドコモユーザーで小学生以下のお子さんをお持ちの親御さんは、子育て応援プログラムというサービスにはもう加入しましたか? お得な特典ばかりなので現在12歳以下のお子さんがいるドコモユーザーで、まだ子育て応 ...

ドコモ子育て応援プログラムの特典内容

・12歳になるまで毎年誕生月にdポイントが3,000ポイント貰える
・dフォトが最大13か月無料で利用できて、さらに毎月1冊のフォトブックが貰える
・小学校卒業までクラウト容量オプション50GBが無料
・dキッズを申し込んだ時から最大13か月間無料で利用できる

ドコモ子育て応援プログラムに登録すると、dポイントが毎年貰えたり、月額280円のdフォトが13か月無料で利用できたり、写真をクラウドに保存しておけるドコモクラウドが50GB分無料で利用することができたります。

このドコモ子育て応援プログラムの特典内容に、dキッズが含まれています。

ドコモ子育て応援プログラムに登録すると、dキッズが13か月無料で利用することができるので、単純にdキッズに申込む場合よりもドコモ子育て応援プログラムに登録してからdキッズを利用したほうが断然お得に使うことができます。

さらに、ドコモ子育て応援プログラムのいいところは、このdキッズの無料期間は、ドコモ子育て応援プログラムに加入してすぐからではないというところがポイントです。

ドコモ子育て応援プログラムのdキッズに限っては、dキッズに申し込んだ月から13か月間無料で利用することができます。

つまり、ドコモ子育て応援プログラムに登録時から13か月間ではなく、ドコモ子育て応援プログラムとdキッズの両方の申込みをした時点から13か月間無料の特典を受けることができます

子どもが0歳の段階でドコモ子育て応援プログラムに登録したけれど、dキッズの利用は3歳から利用したいという時は、dキッズを3歳に申し込んだその時から13か月間無料で利用することができます。

0歳や1歳の子どもには、まだスマホを使わせたくないという家庭はたくさんありますよね。

そんな時でもdキッズの無料期間を無駄にすることなく、ドコモ子育て応援プログラムの他の特典は最大限活用することができるます。

なので、ドコモ子育て応援プログラムに登録してからdキッズを利用したほうが、dキッズを断然お得に利用することができます。

dキッズはたくさんの知育アプリを利用することができてお得


dキッズでできることや、魅力、メリットなどについて解説してきました。

dキッズは月額372円で30種の知育アプリが使い放題で利用できます。

また、30種のアプリは毎月更新されていくので、飽きずにたくさんのジャンルのアプリを楽しむことができます。

それぞれのアプリを単品で課金していくよりも、dキッズで有料で遊ばせる方が間違いなくお得に利用することができますので、dキッズに含まれるアプリに1つでも子どもが利用したいアプリがあるならdキッズを利用するべきです。

また、dキッズならミッションクリアでdポイントが貰えたり、おもちゃが貰えるチャンスもあるので、普通にアプリを利用するよりも断然お得です。

初回31日間は無料で利用できるほか、ドコモユーザーならドコモ子育て応援プログラムに登録すると、13か月無料で利用することができますので、まだドコモ子育て応援プログラムに登録していないという人は、ドコモ子育て応援プログラムに登録してからdキッズの申込みを行うようにしましょう。

0歳~12歳の幅広い年齢に合ったさまざまな知育アプリが楽しめますので、子どもにアプリでゲームをさせるなら、ぜひdキッズで利用させてみてはいかがでしょうか。

知っておきたいキッズ携帯のこと

1

キッズ携帯を持たせるべきか?お子さんが小学生に入学したタイミングで考えるようになるご家庭は多いと思います。 子持ちママ我が家でも娘が小学生になった時点でキッズ携帯を必死で調べるようになりましたね。 で ...

2

キッズ携帯を子供に持たせることでライン(LINE)は登録、設定できるのか?気になる人は多いかもしれません。 今ではメッセージのやり取りだけではなく、電話もラインで行っている人も少なくないと思います。 ...

3

キッズ携帯を選ぶうえで重要なのが、親と同じキャリアでの契約であるということです。 こちらの記事に詳しくまとめてますので一緒に参考にしてくださいね。 →キッズ携帯のおすすめ 同じキャリア同士でのキッズ携 ...

4

キッズ携帯は何歳から契約できるのか?って気になりませんか? 『キッズ』携帯というだけあり、申し込み条件の一つに年齢の項目があります。 具体的にはキッズ携帯を利用する場合に必須となってくる基本プランの契 ...

5

キッズ携帯を購入する場合、すでに契約しているキャリア同士にするのが基本的な考えです。 携帯代を節約するために格安SIMを利用しているご家庭は増えていますよね。 しかし、この場合だとドコモ、ソフトバンク ...

6

キッズ携帯をキッズスマホって何が違うの??って質問されたんです。 確かに分かりにくいところもあるかもしれません。 同じようにそれぞれの違いを把握していない人ももしかしたら多いんじゃないでしょうか。 キ ...

-ドコモ

Copyright© 【2020年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2020 All Rights Reserved.