au

【2020年】auで子供に初めてのスマホを持たすならおすすめは?厳選4機種選んでみた!

「まわりのみんながスマホ持ってるから自分も欲しい!」
いつの間にか子供もスマホを持つ年齢に、、、

どんなスマホを持たせてあげようかと親権者は迷いますよね。

今回は、2020年7月現在auで取り扱いのある機種で、子供が初めてスマホを持つのにおすすめな機種を紹介します。

auで子供が初めてスマホを使うときにおすすめの機種

子供が初めてスマホを持つのであれば、親としては本体価格の高い機種は避けたいですよね。

初めてのスマホですし、子供なので落として壊したり、紛失してしまうかもしれません。

初めてのスマホであれば安く購入できて、スマホに慣れさるための期間と考えて機種を検討するべきです。

そこでお勧めできるのが、ミドルレンジモデルです。
ミドルレンジモデルは、低価格ながら程良い性能を備えた機種です。

その価格にどれだけの性能を求めるかが人により違いますが、初めてであれば十分すぎる機能が搭載されています。

初めてのスマホを何歳の時に持つかでまた色々変わってくるとは思いますが、中学生であればスペック云々よりかは安さ重視で良いのではないかと思います。

高校生であれば周りがiPhoneを持っていることが多いので、iPhoneを欲しがる可能性が高いです。
できる限りコスパの良いiPhoneを持っていると無難かなと感じます。

では、お勧めの機種を紹介しましょう。

今ケータイを使っているか、携帯電話自体が初めてかによって、お勧めする機種が少し変わります(値段の加減で)。

参考にしてみてください。

※スマホを持ち始める年齢は中学生くらいが多いので、機能が制限されるジュニア向けスマホは今回選択肢に入れませんでした。

au 3Gケータイ(3Gスマホ)から機種変更する場合

現在auの3Gケータイや3Gスマホを利用している方であれば、以下の機種をお勧めします。

・ Xperia 8 SOV42
・AQUOS sense3 plus サウンド SHV46
・AQUOS sense3 SHV45
・iPhone SE(第2世代)

Xperia 8 SOV42

2019年秋冬モデルとして発売されたXperia 8は、約6インチの液晶トリルミナスディスプレイが搭載されたミドルレンジモデルです。

アスペクト比は21:9で縦長のワイドディスプレイが特徴です。
本体横幅は69mm以下で持ちやすく、縦に長いので表示される情報量も多いです。

21:9の画面だからこそ2つのアプリが同時に利用できる「マルチウインドウ」はとても便利。
動画を見ながらインターネットをしたり、地図を見ながらLINEの返信ができたりと組み合わせは自由で快適に使用できます。

カメラは、約1,200万画素と約800万画素のデュアルレンズを搭載しています。
AIが自動でシーン判別をしてくれ、シャッターを押すだけで被写体に合ったコンディションで撮影してくれます。
さらに4K動画撮影も可能で、綺麗で高精細なビデオを記録できます。

搭載CPUは、Snapdragon 630です。
初めてスマホを利用するには申し分ないプロセッサが搭載されています。

さらに注目すべきはその価格です。
現在、3Gケータイや3Gスマホから機種変更をすると割引が入る「3Gとりかえ割(スマホ)」と「3Gとりかえ割プラス」のキャンペーンが適用できます。

それにより2つのキャンペーンを併用すると合計で41,345円の割引が入るので、一括で3,300円(税込)で購入ができます。

Xperiaがこの価格で購入できるなんて信じられません。
3Gを利用しているなら、このキャンペーンを是非利用しましょう!

初スマホにXperiaは贅沢ですし、とてもおすすめできる機種です。

AQUOS sense3 plus サウンド SHV46

AQUOS sense3 plus サウンドはSHARP製Androidスマートフォンで、AQUOS sense3よりも処理能力とスピーカーが向上しているモデルです。

AQUOS sense3と比較すると元々の本体価格は15,000円ほど高いですが、ミドルレンジモデルの中ではレベルが高めの機種です。

本体にはアルミが使用されていますが、安っぽさはなく高級感があります。

6インチIGZO液晶ディスプレイは有機ELに負けずとても美しく、画面が大きく見やすいです。

大容量バッテリーとIGZOの省エネを組み合わせることにより、バッテリーの持ちが大変良く、思う存分使っても電池切れの心配はありません。
電池持ちにこだわる場合は、とてもオススメができる機種です。

CPUはSnapdragon 636で、アプリの起動やネット検索はサクサクと動き快適に利用出来ます。

商品名に"サウンド"とついているだけあり、音質にはこだわっています。
本体と一緒にパイオニアブランドのネックバンド型ワイヤレスイヤホンが同梱されています。
高音質で贅沢な音質が購入してすぐに体感できますよ。

動画撮影時にはAQUOS sense3にはなかった「手ぶれ補正機能」が備わっているため、安定した動画が撮れます。
手振れ補正がついているかで動画の仕上がりが全く違いますからね!

そして、AQUOSには独自の機能が複数搭載されています。
のぞき見ブロックやアウトドアビュー、スクロールオートなどの便利機能は役立ちますし、SHARPならではの画面にこだわっているのが魅力的です。

コストパフォーマンスに優れていて、AQUOSと言う安心感があるのがおすすめできる理由です。

そして、こちらもXperia 8と同じ、3Gケータイや3Gスマホからの機種変更をすると割引が入る「3Gとりかえ割(スマホ)」と「3Gとりかえ割プラス」のキャンペーンが適用となります。
2つのキャンペーンを併用すると合計で36,360円の割引が入るので、一括3,300円(税込)で購入ができます。

スマホが詳しくない人でも分かりやすい機種です。

AQUOS sense3 SHV45

AQUOS sense3はシャープ製Androidスマートフォンで、低価格ながら日常生活には十分な性能が備わっていることから大変人気の高い機種です。

一時期はiPhone 11シリーズより売り上げ台数が多く、AQUOS sense3のおかげで国内シェアNo.1になったと言っても過言ではありません。

約5.5インチのIGZOディスプレイ(FHD+)は美しく、色鮮やかな表示が可能です。
4,000mAhの大容量バッテリーは大変魅力的で、圧倒的な電池持ちです。
どのスマホよりも一番の電池持ちなので、電池持ちにこだわる人はこの機種が1番です。

AQUOS sense3 plusサウンドと同様、スクロールオート・Clip Now・のぞき見ブロック・はっきりビューなど便利機能が搭載されていて、国内メーカーならではの思いやり機能が沢山搭載されています。

初めてのスマホでも安心のIPX5/IPX8準拠の防水、IP6X準拠の防塵に対応しています。

プロセッサはSnapdragon 630、RAM4GBもあるので、サクサクと動作しグラフィックをそれほど使わないゲームであれば十分楽しめます。
調べ物やSNSは、ストレスなくできますよ!

背面には、1,200万画素の標準と広角のデュアルカメラが搭載されています。
AIが搭載されたカメラ機能は、料理の写真など色鮮やかに撮影することが可能です。

さらにAQUOSと言えば「AIラブストーリー」がおすすめ!
動画を撮影するだけで約15秒ほどのショートムービーを自動的に作成してくれます。
出来上がった写真は、SNS映えすること間違いありません。

本体価格は27,600円。
30,000円を下回る安さですが、3Gとりかえ割(スマホ)を適用すると22,000円の割引が入り、一括5,600円で購入可能です。

この価格でこのスペックは嬉しいです。
老若男女問わず人気の機種でスマホデビューはいかがですか?

iPhone SE(第2世代)

2020年5月発売のiPhone SE(第2世代)は、4インチの初代iPhone SEから4年ぶりに発売された機種です。

ディスプレイが大型化していくiPhoneですが、唯一の4.7インチの片手で操作が可能なコンパクトモデルです。

コンパクトなボディに最新のハードウェアが搭載されたコスパの高いiPhone SEは、デザインがiPhone 8と同じで中身がiPhone11シリーズ
と言われています。

A13 Bionicチップを搭載しているので、ゲームや重たい作業もストレスなく動きます。
A13 Bionicは世に出回っているスマホの中で最速です!

背面には、12MPのシングルカメラが搭載されています。
コスパを考慮した結果、シングルレンズとなったようですが、それでもシャッターを押すだけで簡単に満足できる写真が撮れます。
ポートレートモードにも対応していて、他機種のデュアルカメラより美しく撮影できます。
iPhoneのカメラは明るくて本当に綺麗です。

中学生や高校生はiPhoneに憧れることが多いので、漠然と「iPhone持ちたいな〜」と思っているはず。

1番小さい容量の64GBで、本体価格は55,270円です。
3Gとりかえ割(スマホ)を適用すると、22,000円の割引がききます。
人気のiPhoneが安く手に入れば嬉しいですよね!
誰が持っても満足できる機種です。

新規契約で初めてスマホを契約する場合

初めて契約する携帯電話がスマートフォンの場合、特にキャンペーンで割引が入らないので安くて使いやすい機種を選びました。

「au 3Gケータイ(3Gスマホ)から機種変更する場合」で紹介した
AQUOS sense3とiPhone SE(第2世代)は新規契約でもおすすめで値段だけ違います。

・AQUOS sense3 SHV45 27,600円「賦払金 960円×23回」+「最終回支払い金額(24回目):5,520円」
・iPhone SE(第2世代) 55,270円 「賦払金 1,250円×23回」+「最終回支払い金額(24回目):26,520円」

そのほかの2機種を紹介します。

Galaxy A20 SCV46

Galaxy A20は、20,000円台で購入ができる激安エントリーモデルです。

5.8インチの大型液晶ディスプレイが搭載されていますが、本体は軽く重さを感じる事はありません。

大画面で映像や写真なども見やすいです!

ステレオはモノラルスピーカーですが、音質が良くて音量も大きいので満足ができます。
本体にはイヤホンジャックも搭載されているため、有線で音楽も聴くことができます。

Galaxy A20のカメラは、約800万画素のシングルレンズです。

ハイエンドモデルと比較すると質は落ちますが、スマホで見るくらいの写真であれば綺麗に撮れます。
特に、料理写真が綺麗です。
夜景撮影も悪くありませんよ。

CPUは、Samsung独自のプロセッサ「Exynos 7884B」です。
ネット閲覧や簡単なゲームであれば問題ありませんが、グラフィックを使うゲームや重たい作業向きではありません。
最初からそんなにヘビーに使うことはないと思いますが、、

3,000mAのバッテリーも搭載されているので、電池の心配もありません。

この価格なのでエントリーモデルなりのスペックにはなりますが、初めてスマホを持つのであれば十分ではないでしょうか。

防水やおサイフケータイ、ハイブリッドラジオ(災害時に役立つ)にも対応しているのが嬉しいところです。

本体価格は22,000円で、かえトクプログラムを適用すると実質17,710円です。

新規契約でとにかく1番安い機種でいいと考えている親権者の方は、Galaxy A20を購入して下さい!

HUAWEI P30 lite Premium HWV33

HUAWEI P30 lite PremiumはHUAWEI製Androidスマートフォンです。

ミドルレンジモデルでありながら、他の同等レベルの機種には搭載されていない機能が多々採用されています。

HUAWEI P30 lite Premiumの背面はガラス素材を採用しており、ピーコックブルーはとても美しいグラデーションとなっています。
本体も7.5mmの厚さで薄くて軽いので、小さな手の方でも片手持ちが出来ます。

約6.1インチIPSディスプレイは上部に水滴型のノッチがあるだけで、画面占有率が高く映像が見やすいです。

イヤホン端子が搭載されているため、有線で音楽を聴いたり映像を楽しむことも可能です。

CPUはKirin 710でサクサクと快適に操作ができます。

日本国内でau限定の「Premium」は、128GBの大容量ストレージが搭載されていること。
ミドルクラスなら32GBや多くても64GBがほとんどなので、HWV33は特別感があります。
たくさんの写真や動画、映像や音楽などを取り込むことができますよ!
バッテリーも3,340mAhと大容量です。

背面には約2,400万画素の標準レンズ、約800万画素の広角レンズ、約200万画素深度センサーのトリプルカメラを搭載しています。

シーンや被写体に応じてAIが最適な色合いや画質で撮影し、ミドルレンジ以上の性能を発揮します。

インカメラに関しても、上位モデルに並ぶ約2,400万画素。
セルフィーや動画を撮る方にお勧めです。

日本向けの機能である防水やおサイフケータイは非搭載なので注意してください。

本体価格は27,600円でかえトクプログラムを適用すると実質負担金は22,080円です。
安いモデルだからと言って性能に妥協しないところがHUAWEIの凄いところです。

上位モデルに負けないスペックが搭載されています。

価格と性能から、Androidの中ではコスパの高い機種と言えます。
安いスマホを持たせたいけど性能にもこだわりたいという方におすすめです。

4G LTEケータイから機種変更する場合

今4G LTEケータイを利用している場合、機種変更するなら以下の機種をおすすめします。

・Galaxy A20 SCV46
・AQUOS sense3 SHV45
・HUAWEI P30 lite Premium HWV33
・iPhone SE(第2世代)

上記の「au 3Gケータイ(3Gスマホ)から機種変更する場合」「新規契約で初めてスマホを契約する場合」で紹介した機種です。

詳しい機種情報は、上記より確認してください。

値段はキャンペーンの適用により違いますが、安さと使いやすさから選択しました。

「4G LTEケータイとりかえ割」を適用すると、割引がききます。

・Galaxy A20 SCV46→16,500円割引
・AQUOS sense3 SHV45→16,500円割引
・HUAWEI P30 lite Premium HWV33→22,000円割引

iPhoneには割引がありませんが、人気機種なのでオススメしました。

初スマホにおすすめキャンペーン

今スマホは使っていなくても折りたたみのケータイを持っているお子さまがいれば、下記のキャンペーンを利用してください!

3Gとりかえ割(スマホ)

3Gとりかえ割(スマホ)は、auケータイ(3G)・auスマホ(3G)・auスマホ(VoLTE非対応機種)からの機種変更、または、他社3Gサービス(ケータイ・スマホ)からのお乗りかえで対象スマホを購入すると、機種代金から最大38,500円(税込)割引されるキャンペーンです。

3Gとりかえ割プラスと併用可能です。

ガラケーユーザーは利用してください!

3Gとりかえ割プラス

3Gとりかえ割プラスは、auケータイ(3G)・auスマホ(3G)・auスマホ(VoLTE非対応機種)からの機種変更、または、他社3Gサービス(ケータイ・スマホ)からのお乗りかえで対象スマホを一括購入すると、機種代金から割引が入るキャンペーンです。

3Gとりかえ割(スマホ)と併用可能です。

4G LTEケータイとりかえ割

4G LTEケータイとりかえ割は、au 4G LTEケータイから対象スマホへ機種変更すると、機種代金から最大22,000円(税込)割引されます。

初めてのケータイが4G LTEケータイで、スマホを検討している方にオススメのキャンペーンです。

購入は「かえトクプログラム」を利用するべきか

かえトクプログラムは、残価設定型スマートフォン購入プログラムです。
購入機種を24回分割払いで契約し、2年後の買取価格を残価(最終回支払分)として設定することで、23回目の支払いまでは低廉な分割代金となります。

最終回支払い分については、25ヶ月目に新しい機種への買い替えをすれば支払いが不要となります。

25ヶ月目以降も同じ機種を使い続けると言うことであれば、最終回支払分が再度24回分割されます。

このプログラムは、機種代金が高ければ高いほどこのプログラムの恩恵を受けることができますが、今回紹介したようなミドルレンジモデルだとそれほど大きな恩恵を受けることができません。

ほとんどのミドルレンジ機種で残価は5,000円ほど。
いわゆる下取り価格が5,000円くらいという意味合いです。
ただ、ミドルレンジモデルのAndroidを5,000円で下取って貰えるのは高額な方ですが!

iPhone SE(第2世代)であれば、加入した方が良いプログラムです。

このプログラムは25ヶ月目に機種変更をする際に、購入機種を返却しなければいけません。

残価5,000円のためにわざわざ機種変更するか、
機種変更すれば新しい機種代金がもったいないから同じ機種をもう少し長く使わせると親権者が考えるか。

筆者がエントリーモデルやミドルレンジモデルを子供に持たせるのであれば、残価5,000円分も自分で負担して長く使わせようかと考えます。

残価が40,000円や50,000円であれば2年単位で機種変更した方が良いですが、もともと30,000円以下の機種であれば正直一括払いでもいいかなと感じてしまいます。

2年後に子供が早く機種変更したいと言ってしまったら話は別ですが…

「あんしんフィルター for au」を設定しよう

あんしんフィルター for auは、子供を有害サイトやアプリから守るフィルタリングサービスです。

未成年が携帯電話を契約するときは、原則としてフィルタリングサービスへの加入が必要です。

スマホを持つと色々なことが出来るようになりますが、その一方で沢山の危険が潜んでいます。

フィルターを設定しておくと、
利用時間帯を設定してスマホの使い過ぎを防いだり、年齢に応じたアプリのみが利用できたり、有害サイトへのアクセスを防いでくれたりします。

利用者も家族も安心してスマホが使えるので、ぜひ設定してください。

設定は簡単で、フィルターをかけるスマホで「あんしんフィルターfor au」をONにすると保護者のスマホで設定が可能になります。

利用時間を制限すれば、利用可能時間外になるとスマホが使えなくなります。
夜にコソコソと使われる心配もありません。

フィルターにはレベルがありますし、このアプリは使いたいと保護者に相談すれば個々で使えるようにすることも可能。

ルールを決めてスマホは使いましょう!

15歳以下必見「U15 スマホスタート割」

U15 スマホスタート割は、15歳以下の契約者または利用者登録されている利用者が、新規契約(MNP含)またはau 3Gケータイからの機種変更し、「ピタットプラン 5G」または「ピタットプラン 4G LTE」に加入すると翌月から1年間1,000円/月の割引が適用となるキャンペーンです。

条件を満たせば持込機種での契約も可能です。

これにより、 ピタットプラン 5G/ピタットプラン 4G LTEは980円/月〜利用ができます。

15歳以下なので中学生の方が対象となると思いますが、契約時に15歳以下であれば条件を満たすのでぜひ利用して下さい!

年間12,000円の割引は大きいですよ〜。

auで子供に初めてのスマホのおすすめ機種まとめ

初めて子供がスマホを持つ時は、親として不安な気持ちがあると思います。

犯罪やトラブルに巻き込まれないか、誤った使い方をするのではないか、悩みは尽きないと思います。

子供にスマホを持たせる時は、家族でしっかりと話し合い約束事を決めてから渡しましょう。

ネットの世界はいつでも加害者にも被害者にもなります。

その危険さをしっかり認識させることが大切です。

-au

Copyright© 【2020年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2020 All Rights Reserved.