au

auかえトクプログラムにデメリットはない?子供にスマホを持たす前に確認!

auではアップグレードプログラムDXの代わりに、新しい購入プログラム「かえトクプログラム」の提供を開始しました。

かえトクプログラムは、スマホを分割で購入するときに通常価格よりも負担金を安くすることができます。

これから子どものスマホをauで購入する予定の人は、子どもが買いたいスマホがかえトクプログラムの対象機種になっているかもしれません。

かえトクプログラムとはどのようなプログラムなのか、デメリットはないのか、後から後悔しないようにかえトクプログラムについて確認してから子どものスマホを購入することをおすすめします。

この記事ではかえトクプログラムについて詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしていってくださいね。

auのかえトクプログラムとは?

参照:auかえトクプログラム

auのかえトクプログラムとは、スマホを24回払いで購入することを条件に、購入機種の2年後の買い取り額を24回目の支払いに設定することで、分割支払金を安く抑えることができる購入サポートプログラムです。

プログラムを利用する場合は、スマホをauに返却すれば24回目の残債金の支払いが免除になり、プログラムを利用しない場合は24回目の残債金をさらに24回の分割にして支払うことが可能です。

プログラム利用料は無料で、スマホを購入するときにかえトクプログラムを申し込むだけで誰でも利用することができます。

かえトクプログラムの仕組みをもっと分かりやすく、具体的な例を挙げながら解説していきます。

25か月目にauにスマホを返却して機種変更する場合

例えば、本体価格が96,900円のスマホを購入したとします。

その場合、通常なら4,025円の24回払いで毎月支払いをしなくてはならないのですが、かえトクプログラムを利用すれば96,600円のうち38,640円を買い取り価格として24回目の支払いに残しておくことができます。

残り分割金57,960円を23回の分割で支払うことができるようになるため、2,320円×23回の負担で済むようになります。

23回の分割支払いを終えたあとにスマホをauに返却して新しいスマホに機種変更をする場合は、24回目に残しておいた38,640円の分割金の支払いは免除になるため、実質57,960円で購入できたということになります。

25か月目に機種を買いかえずにそのまま使い続ける場合

続いて、かえトクプログラムで購入したスマホを25か月目以降も使い続ける場合を見ていきましょう。

96,600円のスマホを購入して23回目までの分割金の支払いが終わったら、残りの分割金は24回目の支払分の38,640円ということになります。

auにスマホを返却せずにこのまま自分の物にしたい場合は、この買い取り価格分についても支払いしなくてはなりません。

その場合は残りの38,640円は一括で支払ってしまうこともできますが、かえトクプログラムでは改めて24回目の残債金を24回の分割にして月額1,610円×24回で支払うことも可能です。

以上のように、かえトクプログラムは申込みしたら必ず利用しなくてはならないということではないので、24回目まで買い取り価格を残しておいて2年後に残りの負担金をどうするか選択することができます。

新しいスマホに替えたければそのまま残債金なしで機種変更ができますし、2年後もずっと同じスマホを使いたいということならそのまま残りの分割金を改めて分割にして支払い続けることも可能です。

どっちを選んでも購入時よりも多く代金を支払うことはありませんので、価格が高いスマホも通常価格よりも安く購入することができてお得です。

auかえトクプログラムの適用条件

かえトクプログラムを適用するには、条件をクリアする必要があります。

対象機種を12か月以上利用し、auで新たに端末を購入すること

かえトクプログラムが適用になるには、auで新たに端末を購入することが条件になっています。

かえトクプログラムはau回線契約者じゃなくても利用することができるので、他社回線を利用している人がauのスマホだけ購入したときでもかえトクプログラムを利用することができます。

しかし、かえトクプログラムを適用して24回目の負担金を免除するためには、新たにauでスマホやタブレットなどを購入することが必要になるということです。

次のスマホは他社で購入するつもりの場合や、解約するからスマホを購入する予定でない場合は、かえトクプログラムは適用することができません。

ただし、端末を返却さえすればau所定の条件・価格でスマホを買い取ってはくれるので、24回の残債金全額を負担しなくてはならないということではないので安心してくださいね。

購入した端末をauに返却すること

かえトクプログラムを利用する場合は必ずauに購入した端末を返却する必要があります。

返却期限は新しいスマホに買い替えた日の翌月25日です。

それまでにスマホをauに返却しなかった場合は、かえトクプログラムが適用にならないため注意が必要です。

返却するスマホに故障や破損がないこと

また、返却したスマホについては故障や破損などがないかauで検品を行います。

万が一、返却するスマホに故障や破損が合った場合は、別途修理費用を負担することになります。

支払いが必要なケース故障紛失サポート加入時の負担金サポート非加入時の負担金
電源が入らない

充電ができない

水濡れシールに反応がある

本体や液晶に破損や割れがある

2,200円22,000円

au故障紛失サポートに加入していた場合は負担金は2,200円で済みますが、非加入の場合は22,000円の支払いが必要になるため、スマホの取り扱いには注意が必要になります。

もしも支払いが必要なケースになった場合に、残債金の方が負担金よりも金額が少ない場合はかえトクプログラムを利用することはできません

そのままかえトクプログラムを利用せずに分割で支払い続けるという選択肢しかなくなります。

それ以外にも、

暗証番号のロック解除やオールリセットされていない

製造番号が確認できない

改造されている

故障や破損が激しい

このようなときはかえトクプログラムを利用することができません。

auかえトクプログラムのメリット

以上がかえトクプログラムの詳しい内容です。

以前のアップグレードプログラムDXと比べると、本体価格から先に買い取り価格を差し引いて残りを分割払いにできることから、毎月の端末代金の負担を安く抑えることができるという違いがあります。

その他にかえトクプログラムにはどのようなメリットがあるのか詳しく解説していきましょう。

2年後の買い取り価格を保障してくれる

かえトクプログラムでは、購入するスマホの買い取り価格が事前にauで決められています

スマホは常に新しいものが登場するので、最初のうちは買い取り価格が高いスマホも2年後には思ったよりも安い価格でしか買い取ってくれないということが多いですよね。

しかし、かえトクプログラムでは購入時に2年後の買い取り価格を設定して購入することになるため、2年後にそのスマホの価値が下がっていても、購入時に決められた買い取り価格で買い取りをしてくれます。

先に紹介した96,600円のスマホの買い取り価格は38,640円でした。

2年後もauで必ずこの価格で買い取りをしてくれるということになるため、普通に2年後スマホを下取りに出したり中古買い取り店で買い取りしてもらったりする金額よりも高額な可能性があります。

どんなスマホでもかえトクプログラムなら必ず決められた価格で買い取ってくれるので安心感がありますよね。

2年後にプログラムを使うかどうか決められる

解説してきたように、かえトクプログラムは23回の分割支払いまで終えたら、その後スマホをどうするか自分で自由に決めることができます。

選択肢としては3つあります。

① かえトクプログラムを利用して新しいスマホに機種変更する
② そのままスマホを買い取ってこれからも使い続ける
③ かえトクプログラムは利用しないけどスマホは新しく機種変更する

①と②についてはそのままですね。

③については、auにスマホを返却せずに中古店で買い取りや、ネットオークションなどで売却するという方法です。

機種によっては2年後も人気が高いままのスマホも存在します。

その場合は、かえトクプログラムで決まっている買い取り価格よりも高く中古店で買い取ってもらえる可能性もあります。

そういったケースなら、かえトクプログラムを利用しないで中古店で買い取ってもらい、残額を一括で清算してしまった方が差額分お得になりますよね。

また、破損や故障している場合はかえトクプログラムを利用しても別途負担金が必要になると解説しましたので、スマホに破損や故障がある人はかえトクプログラムを利用せずに、そのまま分割で支払い続けながら新しいスマホに機種変更するということもあります。

以上のように、かえトクプログラムを利用することは決められていることではないので、スマホの状態や自分の気持ちなどで24回目以降どうしていくのか自由に選択することができます。

auかえトクプログラムのデメリット

続いてかえトクプログラムを利用する場合のデメリットについて考えてみました。

故障や破損があると負担金の支払いが必要、プログラムが利用できない可能性もある

かえトクプログラムのデメリットは、故障や破損があると修理費用の負担をしなくてはならないことですね。

スマホは常に持ち歩いて利用するものなので、どんなに気を付けていても落としてしまったり、ぶつけてしまったりする可能性はあります。

防水対応のスマホでも、経年劣化で徐々に内部に水が浸入する可能性もあります。

そのため、外見では大丈夫そうに見えても検品で破損や故障という判断がついてしまえば、本体代金の負担の他に修理費用の負担が増えてしまいます

auの故障紛失サポートに加入していれば負担金も2,200円で済みますが、加入していなければ22,000円も支払いが必要になるため、修理費用を払っても通常価格よりもお得にスマホを購入できてはいるのですが、それでも故障や破損がなければ22,000円の支払いは不要なことを考えると、故障や破損はしないように気を付けてスマホを使うようにしなくてはなりませんよね。

子どものスマホをauかえトクプログラムで購入するなら故障や破損に注意

ポイント

かえトクプログラムは無料で利用できる

かえトクプログラムを利用する場合は、必ずauに返却が必要

破損や故障があると修理費用として22,000円の負担が必要になる可能性がある

かえトクプログラムを利用するかどうかは2年後に自由に決めることができる

auのかえトクプログラムとはどのようなプログラムなのか、子どものスマホをかえトクプログラムで購入する場合はデメリットがないのか詳しく解説してきました。

かえトクプログラムは月額料金などがかからない無料のプログラムで、対象機種を購入するときに申込みさえすれば誰でも利用することができます。

購入時に2年後の買い取り価格を差し引いた、残りの金額を分割にして支払うことができるので、毎月の分割金を安く抑えることができるということと、2年後の買い取り価格が保障されているという点で非常にお得なプログラムです。

そして、2年後にプログラムを利用するかしないか自由に選択することができ、利用しないのならスマホを返却する必要もなく、残りの代金をさらに分割で支払っていくことができるのも便利です。

デメリットとして考えられるのは、故障や破損があると別途修理費用の負担が必要になることや、かえトクプログラムを利用することができなくなるということがあげられます。

それ以外に大きなデメリットはありませんので、子どもにスマホを持たせるときに、

2年後にauに返却する必要があるため、スマホを壊さないように気を付ける

ということを事前に説明しておくことが大切です。

また、スマホが壊れても修理で直せるように故障紛失サポートに加入しておくことや、壊れないようにスマホにはケースが保護フィルムを貼って使うようにするなど、壊れないように事前に対策をしておくことで、デメリットをなくすことが可能です。

auでスマホを購入するなら、かえトクプログラムは非常にお得にスマホを買うことができるプログラムです。

これから子どものスマホを購入予定の人は、ぜひかえトクプログラムを利用してスマホを購入してくださいね。

-au

Copyright© 【2020年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2020 All Rights Reserved.