キッズ携帯のおすすめをご紹介します。
もちろんあなたにとって一番ベストなキッズ携帯をご提案していきますので、ぜひ参考にして下さい。

子持ちママ
今年から小学生になった6歳の娘と4歳の息子をもつ主婦をしてます。

私自身キッズ携帯の購入、契約には頭を抱えてたので少しでも力になれると思います。

はてな

☑今の契約してるキャリアだと、どこのキッズ携帯がおすすめなのか?
☑格安sim使ってる場合ってどのキャリアのキッズ携帯と契約できるの?
☑ぶっちゃけ月々の携帯代の負担は軽いほうが嬉しい・・笑

キッズ携帯の選び方って悩みませんか?
(私はすっごく迷いました・・全くキッズ携帯の知識なかったので。)

そもそもキッズ携帯を子供に持たせる必要性があるのか??って思ってるくらいでしたからね。

一応旦那とも入学する前からずっと相談して結果的には、娘にキッズ携帯を持たせてます。
今でこそ正解だったなって思ってますし、キッズ携帯は本当におすすめです。

キッズ携帯について数ヶ月間悩み続けた私が、小学生の子供をもつママはもちろん携帯ショップに聞いた話、自分自身の経験談をふまえあなたにとって最もおすすめのキッズ携帯をご提案していきます。

子持ちママ
で、結局は子供にキッズ携帯を持たせて何がよかったの?って話だと思うんですよね。

毎月の携帯代が安かろうが、必要性がないんだったら別に無理してキッズ携帯を持たせなくてもいいわけです。

でも、少なからず今こちらの記事を読んでくれてるあなたは子供にそろそろキッズ携帯を持たせるべきかな?って気持ちがあると思うんですよね。

キッズ携帯のおすすめをご紹介する前に、ちょっとキッズ携帯を持たせるべき意味を見ていきましょう。

キッズ携帯を持たせるべきメリット

キッズ携帯ってぶっちゃけ何ができるの?持たせるメリットって何?って思ってる人は少なくないと思うんです。

小学生になると行動範囲も広くなってしまいますよね。
親としては心配な気持ちはもちろんあるけど、現実問題として一緒に子供と行動して安全を見守っておくことなんてできないはず。

私自身、キッズ携帯を子供に持たせることの何よりのメリットだと感じているのが子供の行動を把握できている安心感です。

防犯対策を目的として子供にキッズ携帯を持たせるご家庭が大半でしょう。
・・むしろそれ以外には何もない。笑

で、実際にキッズ携帯を子供が持つことでどんな防犯対策ができるのかメインとなる機能を一つ一つまとめていきます。

GPS機能「位置情報の確認」

キッズ携帯でできることの中で欠かせないのがGPS機能を使った位置情報をチェックできる点だと思います。

キッズ携帯を持たせることで、GPSが働き常に子供がどこで遊んでいるのか?今どこにいるのか?を把握することができます。

これは本当に安心できる機能で、キッズ携帯を利用し始めて何よりメリットを感じたことですね。

「位置情報って信じられるの?」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、めちゃめちゃ正確です。

娘にはドコモのキッズ携帯F-03を持たせてますが、誤差なんてありません。

本当に近くの公園で遊んでいるのか?わざわざ足を運んで見にいくこともなく食事の用意をしながら自宅でいつでも確認できるのは非常に助かりますよ。

続いての防犯機能は、何かあった時に周囲に知らせて助けを求めることができる防犯ブザーです。

防犯ブザー搭載で万が一に備える

キッズ携帯には防犯ブザーも搭載されてます。
何かあったらダメなのですが、やはり万が一のことも考えないといけない時代だと思いませんか?

子供の身にを何か危険が起きたら、キッズ携帯の防犯ブザーが使えます。
小学生でも簡単に利用できるように、携帯から出ている紐をひっぱるだけ。

ブザーが鳴り響くことで、周囲の人も気づいてくれ子供を守ることにつながります。

キッズ携帯の防犯ブザーが使用されたと同時に親のスマホにも連絡がくるのですぐに子供の身に何か起きている!!ことを察知し対応することができます。

防犯ブザーが鳴り響くことで、周りの大人の人が異変に気付いてくれるでしょうし、ブザーが鳴ったことをメールで通知がくるので子供の身の安全を最短で守ることができる機能ですね。

キッズ携帯は当たり前ですが、携帯電話です。笑
なので子供と電話で通話することができるんですが、これが想像以上に便利です。

子供といつでも電話・メールで連絡ができる

子供といつでも電話での通話ができるのってめっちゃくちゃ便利です。
防犯対策としての意味もありますが、「そろそろ帰ってきなさい」「今、何してるの?」いろんなシーンで活躍してくれます。

大型スーパーなんかだと、子供だけで勝手にウロチョロして迷子になった経験ありませんか?
そんな場面でも電話すればすぐに合流できるので大助かりしています。

もちろん、電話通話だけではなくショートメールでのやり取りもできます。

子供にキッズ携帯を持たせることで【電話ができる】【メールができる】これはかなりポイントになりますよ。

また、事前にキッズ携帯に登録しておいた連絡先にしか電話も、メールもできないように制限されています。

携帯ということは、やっぱりネット閲覧とかもできてしまうの?って心配になる人もいるかもしれません。
小学生のような小さな子供に正直、見せたくないサイトとかってあると思います。

で、その点も安心してください。
キッズ携帯に関して言えば、そもそもインターネットに接続する機能はありません。

キッズ携帯はインターネットの利用はできない!

キッズ携帯はネットの利用ができません

なのでゲームアプリをダウンロードしたり変な情報を親がいない間に閲覧したりすることがそもそもできないようになっています。

キッズ携帯はあくまでも電話とメールの最低限の機能に加え、位置情報の確認や防犯ブザーを搭載している端末になります。
だからこそ小学生を卒業するまではキッズ携帯を持たせるご家庭が多いんです。

しかし、注意したいのがキッズ携帯ではなくキッズスマホやジュニアスマホと呼ばれる端末です。

キッズ携帯とキッズスマホはよく一緒にされがちですが、実は機能が大きく違うので注意が必要になってきます。

キッズ携帯とキッズスマホの違いって?

キッズ携帯ではなくキッズスマホと呼ばれる端末はできることが違います。

キッズスマホはどちらかというとイメージするようなスマホの近いでしょう。
防犯対策機能の搭載こそはありますが、キッズスマホは普通にインターネット通信ができるようになっています。

もちろん電話もメールもできます。

キッズ携帯と比べキッズスマホはできることが豊富です。
TSUTAYAから発売されているトーンモバイルやauのミライエfなんかがキッズスマホに当たります。

とはいえ、フィルタリング機能やサービスを利用することでキッズスマホでもネット利用制限などをかけることもできますが。

子持ちママ
キッズスマホは小学生を卒業して中学生からって考えるのがいいかもしれませんね。

キッズ携帯を子供に持たせる意味が少しでも伝わったでしょうか。
まぁホント防犯対策といつでも連絡が取りあえるってことが最大のキッズ携帯のメリットでしょうね。

では、キッズ携帯ってどうやって選べばいいのか?やっぱりキャリアは合わせるべきなのか?など最も損しない正しいキッズ携帯の選び方を見ていきましょう。

損しない正しいキッズ携帯の選び方

キッズ携帯の選び方の基本的な知識をまずは知っておいて下さい。
(・・でないとすごく損する可能性があります。)

あなた(親)と一緒のキャリアのキッズ携帯を選ぶ!

これに尽きます。というよりも基本的に同じキャリアを意識して選べばあなたにとってベストだと言えるんです。

はい。キッズ携帯の正しい選び方はこれだけです。笑

「ドコモの家庭がauのキッズ携帯を契約するのはダメなのか?」ってところなんですが、別にいいんです。
いいんですけど、かなり損してしまうって話なんですよね。

では、キッズ携帯を同じキャリアに合わせるべき理由を確認しておきましょう。

親と一緒のキャリアのキッズ携帯を選びましょう

キッズ携帯を選ぶうえで、一番重要になってくるのがご家庭で既に契約しているキャリアと同じキャリアでキッズ携帯も契約する!ということ。

最重要

ドコモを利用しているのであれば、キッズ携帯もドコモ
・ソフトバンクを利用しているのであれば、キッズ携帯もソフトバンク
・auを利用しているのであれば、キッズ携帯もau

というよりも、選び方なんて難しく考える必要はなくて今契約してるキャリアでキッズ携帯も契約してしまえばそれでOKです。

もちろん、別キャリアでキッズ携帯を契約すること自体は問題なくできますよ。

キッズ携帯のみの単独契約もできますが・・

ドコモを使ってるけど、ソフトバンクのキッズ携帯を契約できるのか?と聞かれると単独での契約もできます。

できるんですけど・・・正直、何のメリットもありませんしデメリットの方が多いです。

ココに注意

・GPS機能の利用不可
・通話料がかかる

同じキャリアを利用しないとキッズ携帯の最大の特徴であるGPS機能が使えません。
(これ使えないとキッズ携帯を持たせる理由が半減します・・)

それに同じキャリアであれば通話料って無料なんです。
けど、キャリアが違うと通話料が発生してしまいますし何よりも高い。

子供にキッズ携帯を持たせると思ってる以上に、電話で話すことって多いので正直通話無料じゃなければ意味ないです。

つまり、親と同じキャリアのキッズ携帯を契約しないとキッズ携帯の防犯対策としての機能も発揮できないので持たせる意味がなくなっちゃうんですね。

子持ちママ
あれこれ考えるのではなく、同じキャリアでキッズ携帯を選ぶようにしてあげて下さい。

キッズ携帯の損しない選び方が分かりましたね。
では、ドコモ、au、ソフトバンクで発売されているキッズ携帯のおすすめをそれぞれのキャリアで見ていきましょう。

【2019年度】各キャリア別のキッズ携帯おすすめ

【ドコモユーザー】キッズケータイ機種 F-03

ドコモ公式:キッズケータイF-03

GPS機能
防犯ブザー
SMS
防水、防塵
カラー青、黄色、ピンク
端末代金10,368円(432円×24回)
月額料金500円
GPS イマドコサーチ200円
月々総額1,132円

F-03できること>>

【ソフトバンクユーザー】キッズケータイ機種 みまもりケータイ4

ソフトバンク公式:みまもりケータイ4

防犯ブザー
SMS
防水、防塵
カラーライトブルー、ホワイト、ライトピンク
端末代金6,720円(280円×24回)
月額料金490円
GPS 位置ナビ200円
月々総額970円

みまもりケータイ4できること>>

【ソフトバンクユーザー】キッズケータイ機種 キッズフォン

ソフトバンク公式:キッズフォン

防犯ブザー
SMS
防水、防塵
カラー青、黄色、ピンク
端末代金18,720円(780円×24回)
月額料金490円
GPS 位置ナビ200円
月々総額1,470円

キッズフォンできること>>

【auユーザー】キッズケータイ機種mamorino4

au公式:マモリーノ4

防犯ブザー
SMS
防水、防塵
カラープリンセスパール、サニーイエロー、スポーティブルー
端末代金16,200円(675円×24回)
月額料金500円
GPS 安心ナビ300円
月々総額1,250円

マモリーノ4できること>>

【auユーザー】キッズケータイ機種mamorino5

au公式:マモリーノ5

防犯ブザー
SMS
防水、防塵
カラーブルー、ラベンダー、ホワイト
端末代金16,200円(675円×24回)
月額料金500円
GPS 安心ナビ300円
月々総額1,250円

マモリーノ5できること>>

どのキャリアもキッズ携帯の端末数は少ない

各キャリア別におすすめのキッズ携帯をご紹介しました。

・・・はい。そうなんです。

子持ちママ
おすすめと言っていますが、どのキャリアでもキッズ携帯の端末の数は少ないです。笑

ドコモで1機種、auとソフトバンクは2機種しかありません。
キッズ携帯をドコモで選ぶ人に限っては、選びようがありません。

できることも正直、それほど大きな差はありませんし防犯対策機能はちゃんと搭載してますのでキャリアを合わせてキッズ携帯を選べば大丈夫です。

「三大キャリアではなくて、格安SIMを契約してる場合はどうすればいいのでしょうか?」
いや~最近は増えていますよね。

格安SIMを契約してたら、そう考えてもキャリアを合わせてキッズ携帯を選ぶことができません。
無理してどこかのキャリアのキッズ携帯を契約しても通話料もかかるし、防犯機能も使えないしで意味ないですし・・・

じゃあ、格安SIMを利用してる場合のキッズ携帯はどうやって選べばいいのか見ていきましょう。

格安simのように三大キャリア以外で契約している場合は?

最近では、携帯料金を節約する人も増えていて三大キャリア以外のいわゆる格安スマホを利用してるご家庭は少なくないと思います。

先ほどもお伝えしたように、キッズ携帯のみの単独契約はできます。

格安simを利用しているご家庭でもドコモ、ソフトバンク、auのキャリアから発売されているキッズ携帯を利用することはできます。

が、『GPS機能の利用不可』『通話料が発生』という子供に持たせる理由が少ない現実があります。

大丈夫です!安心してください。
三大キャリア以外を利用している場合のおすすめキッズ携帯もしっかりと提案させてもらいます。

うちの家庭ではドコモを使ってるので、キッズ携帯もドコモで契約したんですが格安simを使ってる友達から有力な情報をもらっています。

三大キャリア以外を使ってるご家庭のほとんどがTSUTAYAが提供しているキッズスマホ『TONE(トーン)モバイル』を契約してるんです。

キッズ携帯としてではなく、キッズスマホとして発売されています。

そうです!キッズスマホなのでネット通信ができてしまいます。
なんですが、こちらのトーンモバイルは子供に持たせたいスマホランキングで1位で選ばれる端末です。

トーンモバイルの見守り機能サービスであるトーンファミリーオプション(月額無料)を追加すれば、キッズ携帯と同じように

ココがポイント

GPS機能を使った位置情報の確認
・ネット制限

が可能。

キッズ携帯を同じように位置情報を取得することもでき、ネット利用制限をかけることができるので安心。
しかし、トーンモバイルには防犯ブザーが搭載されていませんので別で何か方法を考える必要はあります。

最近では小学生で防犯ブザーを配布してるところもあるので、そっちを使うことで解決する家庭は多いんじゃないでしょうか。

しかも、月額料金たったの1,000円~利用ができるメリットをもってるんですね。

ってことで、格安SIMを契約してる場合はドコモ、au、ソフトバンクでキッズ携帯を選ぶのではなくキッズスマホであるトーンモバイルの契約を検討しましょう。

格安simユーザーにおすすめキッズスマホ トーンモバイル

公式:トーンモバイル

防犯ブザー
SMS
防水、防塵
端末代金19,800円(825円×24回)
月額料金1,000円
SMS(オプション)100円
電話番号(オプション)953円
GPS 位置情報検索(オプション)無料

トーンモバイルできること>>

キッズ携帯を子供に持たせることで親は安心できます!

あなたにとっておすすめのキッズ携帯の選び方をご提案させてもらいました。
「必要なのか?」と検討中のご家庭も多いかと思いますがすぐにキッズ携帯持たせてあげて下さい。

何か起こってからでは遅いですよね。

娘が小学生に通いだしてから数日間は心配で心配で学校まで見送ってました。笑
でも、仕事もしてますし毎朝見送るわけにもいきません・・・

学校が終わっても「友達と公園で遊んでくる」といって子供だけで行動することが増えています。
当然なのですが、親として安全を見守ることは必要なのかなって思います。

キッズ携帯はうちの家庭では、本当に頼りになる存在です。
確かにキッズ携帯を契約したことで月額料金はかかりますが、微々たるものです。

あなたのご家庭におすすめのキッズ携帯を選び、お子さんを見守ってあげて下さいね。

Copyright© 【2019年】キッズ携帯おすすめ!小1の子持ちママがお得に持てる方法をシェア , 2019 All Rights Reserved.